最適生産とは何か [単行本]
    • 最適生産とは何か [単行本]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年10月7日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002586316

最適生産とは何か [単行本]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年10月7日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ダイヤモンド社
販売開始日: 2016/07/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

最適生産とは何か [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    Industrie 4.0を超えろ!先進工業国の次の一手がここにある。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 なぜ生産管理が必要なのか?―生産管理とは何か?(最適生産と生産管理
    部品、原料を管理する「部品表」 ほか)
    第2章 大量生産を支えた生産管理システム「MRP」とは?―How to MRP(MRP誕生と現在
    MRPのしくみを知る ほか)
    第3章 生産管理の今を知る―かんばん方式とMRPそして、製番システム(部品表を取り巻く現在の製造業
    最良の生産管理システムを求めて ほか)
    第4章 「最適生産」を実現するシステムとは?―Manufacturing 4.0(「マス・プロダクション」、「マス・カスタマイゼーション」、「フル・カスタマイゼーション」
    大量生産と受注生産を両立させる究極のモノづくり―マス・カスタマイゼーション ほか)
    第5章 グローバル生産の時代に対応したGLOSCAM―グローバル・サプライチェーンを支える、「人」、「モノ」、「カネ」の流れ(サプライチェーン・マネジメントの失敗
    グローバル生産の時代―生産拠点は日本から中国、そしてアジアへ ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    四倉 幹夫(ヨツクラ ミキオ)
    株式会社クラステクノロジー代表取締役。同社統合化部品表生産管理ソリューション「ECObjects」設計責任者。1996年に生産管理システムソリューション会社、株式会社クラステクノロジーを設立。外国製品が大半を占める生産管理ソフトの分野において、国内製品として功績をあげたことが評価され、2002年度創業・ベンチャー国民フォーラム(現・Japan Venture Awards)起業家部門において経済産業大臣賞を受賞、2005年春の褒章では藍綬褒章を受章。2006年より、産業技術大学院大学客員教授

最適生産とは何か [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:ダイヤモンド・ビジネス企画
著者名:四倉 幹夫(著)
発行年月日:2016/06/30
ISBN-10:4478083940
ISBN-13:9784478083949
判型:A5
発売社名:ダイヤモンド社
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経営
ページ数:210ページ
縦:21cm
他のダイヤモンド社の書籍を探す

    ダイヤモンド社 最適生産とは何か [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!