世界のエリートがやっている 最高の休息法 「脳科学×瞑想」で集中力が高まる [単行本]
    • 世界のエリートがやっている 最高の休息法 「脳科学×瞑想」で集中力が高まる [単行本]

    • ¥1,62049ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2018年2月25日日曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002596426

世界のエリートがやっている 最高の休息法 「脳科学×瞑想」で集中力が高まる [単行本]

価格:¥1,620(税込)
ポイント:49ポイント(3%還元)(¥49相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2018年2月25日日曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ダイヤモンド社
販売開始日:2016/07/30
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 49061位2日間100位以内

世界のエリートがやっている 最高の休息法 「脳科学×瞑想」で集中力が高まる の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「脳疲労」がすぐ消えて、頭が冴える。イェール大学で学び、米国で18年診療してきた精神科医が明かす!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    先端脳科学が注目する「脳の休め方」
    「疲れない心」を科学的につくるには?―脳科学と瞑想のあいだ
    「疲れやすい人」の脳の習慣―「いま」から目をそらさない
    「自動操縦」が脳を疲弊させる―集中力を高める方法
    脳を洗浄する「睡眠」×「瞑想」―やさしさのメッタ
    扁桃体は抑えつけるな!―疲れを溜め込まない「不安解消法」
    さよなら、モンキーマインド―こうして雑念は消える
    「怒りと疲れ」の意外な関係性―「緊急モード」の脳科学
    レジリエンスの脳科学―瞑想が「折れない心」をつくる
    脳から身体を治す―副交感神経トレーニング
    脳には脳の休め方がある―人と組織に必要な「やさしさ」
    思いやりのメッタ
  • 内容

    はじめに ── 科学的に正しい「脳の休め方」

    「科学的に脳を癒す方法」が模索されている
    脳は「何もしない」でも、勝手に疲れていく
    世界のエリートは、こうして脳を休ませる
    本当の休息は「単なる充電」ではない

    まずはこれだけ!

    脳の疲労を解消する7つの休息法

    1 とにかく脳が疲れているとき ── マインドフルネス呼吸法
    2 気づくと考えごとをしているとき ── ムーブメント瞑想
    3 ストレスで体調がすぐれないとき ── ブリージング・スペース
    4 思考のループから脱したいとき ── モンキーマインド解消法
    5 怒りや衝動に流されそうなとき ── RAIN
    6 他人へのマイナス感情があるとき ── やさしさのメッタ
    7 身体に違和感・痛みがあるとき ── ボディスキャン

    マインドフル・モーメント ──「最高の休息法」の物語

    Prologue ニューヘイブンの隠者

    Lecture0 先端脳科学が注目する「脳の休め方」

    最先端の脳科学で、心をメンテナンスする
    「脳をつくる時代」が到来
    注意散漫、怒り、無気力…「脳疲労」のいろいろ
    世界トップ企業が導入する「最高の休息法」

    Lecture1 「疲れない心」を科学的につくるには? ── 脳科学と瞑想のあいだ

    世界が熱望する「脳を癒すための技術群」
    疲れているのは「身体」ではなく「脳」だった!!
    瞑想の「科学的裏づけ」が進んでいる
    勝手に脳は疲れていく── DMNという浪費家
    疲れない脳の構造は「自分でつくれる」
    集中力を高め、セルフコントロールを手に入れる

    Lecture2 「疲れやすい人」の脳の習慣 ──「いま」から目をそらさない

    「何もしない」を練習する ── 休息の基本姿勢
    「脳が疲れる理由」に気づく方法 ── 呼吸を意識する
    脳疲労は「過去と未来」から来る ── 心のストレッチ
    脳を変えるには「習慣」が第一
    ランチタイムにできる脳の休息法 ── 食事瞑想

    Lecture3 「自動操縦」が脳を疲弊させる ── 集中力を高める方法

    雑念は「自動操縦の心」に忍び込んでくる
    マルチタスクが脳の集中力を下げる
    「集中モード」の脳では、何が起きているか
    自動操縦を脱する方法 ── ラベリングと歩行瞑想

    Lecture4 脳を洗浄する「睡眠」×「瞑想」 ── やさしさのメッタ

    日本人は「最高の休息法」を知っていた!
    クスリで「脳の疲れ」は癒せない
    眠りながら「洗浄液」で脳の疲労物質を洗い流す
    ポジティブな感情を育てるメッタの3ステップ

    Lecture5 扁桃体は抑えつけるな!── 疲れを溜め込まない「不安解消法」

    「前頭葉」と「扁桃体」のアンバランスがストレスを招く
    「ブリージング・スペース」で緊張感をほぐす
    「脳構造」が変われば、「ストレスの捉え方」も変わる
    疲労は「疲労感」という脳現象である
    脳の疲れを防ぐ食事
    脳が回復する5つの習慣

    Lecture6 さよなら、モンキーマインド ── こうして雑念は消える

    月に一度は「怠けること」に専念する
    雑念が疲労を呼ぶ ── モンキーマインド解消法
    マインドフルネスは「第3世代」の認知行動療法
    なぜいつも「同じこと」を考えてしまうのか?
    脳を疲れさせる「ジャッジメンタル」とは?

    Lecture7 「怒りと疲れ」の意外な関係性 ──「緊急モード」の脳科学

    「扁桃体ハイジャック」から脳を守れ!!
    脳から来る「衝動」にはRAINで対処
    目的意識のある人ほど「怒り」に注意

    Lecture8 レジリエンスの脳科学 ── 瞑想が「折れない心」をつくる

    瞑想が最強のチームをつくる
    「回復力のある脳」はつくれるか ── レジリエンス
    「レジリエンス×脳科学」の結論はマインドフルネス!?
    苦境でも心の安定を保つ ── エクアニミティ

    Lecture9 脳から身体を治す ── 副交感神経トレーニング

    「競争」が最も脳を疲労させる
    なぜ「疎遠になった人」へ連絡するといいのか?
    瞑想が「痛み」に効く脳科学的プロセス
    身体をリフレッシュする「ボディスキャン」のやり方

    Lecture10 脳には脳の休め方がある ── 人と組織に必要な「やさしさ」

    リラックスだけでは「脳の休息」にはならない理由
    幸福の48%は遺伝。だから「感謝」が重要
    ニューロマーケティングと「人にやさしいベーグル」
    「最高の休息法」は組織・社会をも癒す

    Epilogue 思いやりのメッタ

    おわりに ── DoingからBeingへ
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    久賀谷 亮(クガヤ アキラ)
    医師(日・米医師免許)/医学博士。広島大学医学部卒業。イェール大学医学部精神神経科卒業。アメリカ神経精神医学会認定医。アメリカ精神医学会会員。日本で臨床および精神薬理の研究に取り組んだあと、イェール大学で先端脳科学研究に携わり、同大学で臨床医としてアメリカ屈指の精神医療の現場に8年間にわたり従事する。そのほか、ロングビーチ・メンタルクリニック常勤医、ハーバーUCLA非常勤医など。2010年、ロサンゼルスにて「TransHope Medical(くがやこころのクリニック)」を開業

世界のエリートがやっている 最高の休息法 「脳科学×瞑想」で集中力が高まる の商品スペック

商品仕様
出版社名:ダイヤモンド社
著者名:久賀谷 亮(著)
発行年月日:2016/07/28
ISBN-10:4478068445
ISBN-13:9784478068441
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
ページ数:254ページ ※248,6P
縦:19cm

    ダイヤモンド社 世界のエリートがやっている 最高の休息法 「脳科学×瞑想」で集中力が高まる [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!