10時間で歴史に強くなる東大の世界史ワークブック [単行本]
    • 10時間で歴史に強くなる東大の世界史ワークブック [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年4月11日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002596651

10時間で歴史に強くなる東大の世界史ワークブック [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年4月11日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:かんき出版
販売開始日: 2016/06/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

10時間で歴史に強くなる東大の世界史ワークブック の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    “ルネサンス”は12世紀に始まっていた!中世ヨーロッパは暗黒時代ではなかった?世界史の知識を身につけながら、思考力も鍛えられる!歴史の本質を突く入試問題を多数収録!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    2005年度の東大世界史の問題は、10年後の予告だった!―世界史は金太郎飴。ひたすら、戦争の惨禍と対処をくりかえすだけのプロセスである。
    エルサレムの「北」に形成される、権威主義的全体主義国家群―21世紀前半の世界史力学ベクトルは「北」から「南」へ。
    ナチス=ドイツと教会―ヒトラー政権誕生の蔭にバチカンあり。
    デザイナー・ヒトラーが織りなした悲劇―ファシズムも共産主義も根っこには「進化論」がある。
    左翼全体主義、マルクス=レーニン主義―全体主義がめざしたのは「結果の平等」を設計すること。
    設計主義の思想的系譜―悲劇の世界史のキーワードは、必然・理想・進歩・実験、そして嫉妬。
    十字軍とは何だったのか?―ムスリムとの聖戦が生みだした、十字軍とスペイン。
    宗教改革を始めたのは誰か?―聖書を翻訳したのは、ユダヤ人・カトリック教徒・ゲルマン人。
    ルターの宗教改革の極意―ルター理解のポイントは「贖い」。
    ルターの功罪―千年王国思想の暴走は必ず悲劇を生む。〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    村山 秀太郎(ムラヤマ ヒデタロウ)
    1963年横浜生まれ。早稲田大学大学院修了。リクルートが運営するオンライン予備校「スタディサプリ」世界史講師。実力派講師として人気を博し、年間2万人が受講する。株式会社DHCシアターが運営するCS放送「DHCシアター」では、「世界史偉人伝」「世界史超基礎講座」などに講師として出演

10時間で歴史に強くなる東大の世界史ワークブック の商品スペック

商品仕様
出版社名:かんき出版
著者名:村山 秀太郎(著)
発行年月日:2016/06/13
ISBN-10:4761271817
ISBN-13:9784761271817
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国歴史
ページ数:223ページ
縦:21cm
他のかんき出版の書籍を探す

    かんき出版 10時間で歴史に強くなる東大の世界史ワークブック [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!