パスカル 新装版 (Century Books―人と思想〈12〉) [全集叢書]
    • パスカル 新装版 (Century Books―人と思想〈12〉) [全集叢書]

    • ¥1,32040ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月18日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002596702

パスカル 新装版 (Century Books―人と思想〈12〉) [全集叢書]

価格:¥1,320(税込)
ポイント:40ポイント(3%還元)(¥40相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月18日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:清水書院
販売開始日:2016/06/25
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 489756位

パスカル 新装版 (Century Books―人と思想〈12〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ブレーズ=パスカルはフランスの天才的な、ユニークな思想家である。法服貴族の子に生まれ手ずから父の教育を受けた。少年時代は主として数学を勉強し、またジャンセニスムの宗教に接した。一六四七年パリに出て、社交界に入った。一九五四年恩寵を体験し、決定的に回心した。当時、ジャンセニストとジェズイットとの争いが激化していたが、パスカルはジャンセニストの陣営に加わり、匿名で『プロヴァンシアル』を出し、ジェズイットを攻撃した。その後『キリスト教弁証論』の執筆にかかったが、死によって中断された。その未完のノートが『パンセ』と呼ばれるものである。パスカルは一生、病苦にさいなまれ、また思想的にも悩んだ。パスカルの「生涯と思想」が、じかにわれわれに訴えるのもこの点である。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 はじめに(パスカルという人
    パスカルの時代
    パスカルの生活と業績)
    2 パスカルの生涯と思想(子ども時代
    ルアンの時代
    最初の回心
    社交生活
    決定的回心
    ポール‐ロワイヤル
    プロヴァンシャル
    晩年)
    3 パスカルの人間論的思想(幾何学の精神と繊細の精神
    考える葦
    気晴らし)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小松 攝郎(コマツ セツロウ)
    1908(明治41)年、大阪市に生まれる。1931年東京大学文学部哲学科卒業。山形高等学校教授、神戸大学教授、東海大学短期大学部教授を歴任

パスカル 新装版 (Century Books―人と思想〈12〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:清水書院
著者名:小松 攝郎(著)
発行年月日:2016/06/25
ISBN-10:4389420127
ISBN-13:9784389420123
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:哲学
ページ数:193ページ
縦:19cm

    清水書院 パスカル 新装版 (Century Books―人と思想〈12〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!