感情で釣られる人々―なぜ理性は負け続けるのか(集英社新書) [新書]
    • 感情で釣られる人々―なぜ理性は負け続けるのか(集英社新書) [新書]

    • ¥83626ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月27日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
感情で釣られる人々―なぜ理性は負け続けるのか(集英社新書) [新書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009002599161

感情で釣られる人々―なぜ理性は負け続けるのか(集英社新書) [新書]

価格:¥836(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月27日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日: 2016/07/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

感情で釣られる人々―なぜ理性は負け続けるのか(集英社新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    近年、日常生活の様々な場面において、理性よりも「感情」に訴える主張が注目を集めている。それは、SNSの炎上や、職場での過剰なサービス精神の強要、選挙戦で感情的に訴える候補者が優位になりやすいといった現象にも見られる。本書では、国家や企業、共同体が、巧妙に感情的な共感を引き出し、献身や購買といった形で人々を動員している実態を詳述。そして、もっともらしいだけで中身のない議論に騙されず、感情で釣られないための対策として、「冷静に考える」ための条件や環境を整える方法を示す。注目の政治社会学者による革新的論考。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 自分で決められる?感情で釣られる人々(「ウンコな議論」をどうするか―私たちが気をつけたいと思っているものの重要性
    上に政策あれば、下に対策あり ほか)
    第2章 マーケティングの中の「自分らしさ」(誰のための広告
    思想としてのマーケティング ほか)
    第3章 感じる政治(いつまでも、冷戦の勝者ではいられない
    「山の動く日来たる」 ほか)
    第4章 私たちはどういう社会を生きているのか(「社会は存在しない」
    伝統は創ることができるか? ほか)
    第5章 自分自身を知る(釣る)ために(よい共同体はよりよく、そうでない共同体はそれなりに
    なぜ、いつも「全米は泣いている」のか? ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    堀内 進之介(ホリウチ シンノスケ)
    1977年生まれ。政治社会学者。現代位相研究所・首席研究員。青山学院大学大学院非常勤講師。朝日カルチャーセンター講師。専門は、政治社会学・批判的社会理論
  • 内容紹介

    近年、国家や企業、共同体などが、巧妙に感情的な共感を引き出し、献身や購買といった形で人々を動員している。そこで、感情で釣られないための方策を提示。注目の政治社会学者による革新的論考!

感情で釣られる人々―なぜ理性は負け続けるのか(集英社新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:堀内 進之介(著)
発行年月日:2016/07/20
ISBN-10:4087208419
ISBN-13:9784087208412
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:234ページ
縦:18cm
他の集英社の書籍を探す

    集英社 感情で釣られる人々―なぜ理性は負け続けるのか(集英社新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!