民主主義の内なる敵 [単行本]
    • 民主主義の内なる敵 [単行本]

    • ¥4,950297ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月16日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002602389

民主主義の内なる敵 [単行本]

価格:¥4,950(税込)
ポイント:297ポイント(6%還元)(¥297相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月16日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2016/07/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

民主主義の内なる敵 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    シリア内戦、IS、難民、テロ。「進歩、自由、人民」というリベラルな理念が内なる敵を生み出す。新たな多元主義と民主主義再生へ向けた、渾身の政治文化論。
  • 目次

    第1章 民主主義内部の不具合
    自由のパラドクス/内外の敵/行き過ぎに脅かされる民主主義

    第2章 古来の論争
    登場人物/ペラギウス――意志と完全さ/アウグスティヌス――無意識と原罪/論争の結末

    第3章 政治的なメシア信仰
    革命期/第一波――革命戦争と植民地戦争/第二波――共産主義の計画/第三波――爆弾によって民主主義を押しつける/イラク戦争/内的な損害――拷問/アフガニスタン戦争/傲慢と権力の誘惑/リビア戦争――決定/リビア戦争――死刑執行/理想主義者と現実主義者/道徳と正義に直面した政治

    第4章 個人の専横
    個人を擁護する/人間的行動を説明する/共産主義と新自由主義/非妥協的保守主義の誘惑/新自由主義の盲点/自由と執着

    第5章 新自由主義の結果
    科学の責任?/法の後退/意味の喪失/マネジメントの技術/マスメディアという権力/公的発言の自由/自由の制限

    第6章 ポピュリズムと外国人嫌い
    ポピュリズムの台頭/ポピュリズムの言説/民族的アイデンティティ/多文化共存を打倒せよ――ドイツの場合/英国とフランスにおいて/スカーフをめぐって/一つの論争が他の論争を隠しているかもしれない/外国人との交流/共によりよく生きる

    第7章 民主主義の将来
    民主主義――夢と現実/私たちの内なる敵/再生に向かって?

    原注
    訳者あとがき
    人名索引
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    トドロフ,ツヴェタン(トドロフ,ツヴェタン/Todorov,Tzvetan)
    1939年、ブルガリアのソフィアに生まれる。1963年、渡仏。1973年、フランス国籍取得。現在、国立科学研究所(CNRS)の芸術・言語研究センター研究指導教授

    大谷 尚文(オオタニ ナオフミ)
    1947年、島根県生まれ。宮城県出身。東北大学文学部大学院修士課程修了。弘前大学講師、助教授、教授を経て、石巻専修大学教授
  • 出版社からのコメント

    シリア内戦、IS、難民、テロ。「進歩、自由、人民」という民主主義の理念が民主主義を脅かしている今日、共生への道筋とは。
  • 内容紹介

    「民主主義はその行き過ぎによって病んでいる。そこでは自由は暴政と化し、人民は操作可能な群集へと姿を変える。進歩を促進しようとする欲望は、十字軍の精神に変化する。経済、国家、法は万人の開花のための手段であることをやめ、いまや非人間化のプロセスの性質を帯びている」

    今日、民主主義の危機は外部(ファシズム)からやって来るのではない。民主主義みずからが内なる敵を生み出し、自身の存立を脅かす。すなわち、政治的メシア信仰、個人の専横、新自由主義、ポピュリズム、外国人嫌いである。
    シリア内戦、IS、難民、テロ――現在時の危機を通じて、「進歩、自由、人民」というリベラルな理念がいかに社会全体の幸福を危うくするかを抉り出す。みずからもブルガリアからの移民であるフランス思想界の大御所が、民主主義の再生へ向けて新たな多元主義と共存の方途を探る、渾身の現代政治文化論。
  • 著者について

    ツヴェタン・トドロフ (ツヴェタン トドロフ)
    1939年、ブルガリアのソフィアに生まれる。1963年、渡仏。1973年、フランス国籍取得。現在、国立科学研究所(CNRS)の芸術・言語研究センター研究指導教授。ロラン・バルトの指導のもとに『小説の記号学』(67)を著し記号学的文学批評の先駆をなす。その後、『幻想文学論序説』(70)、『象徴の理論』(77)、『象徴表現と解釈』(78)、『言説の諸ジャンル』(78)、『批評の批評』(85)など文学の記号学的研究を進めるかたわら、『ミハイル・バフチン 対話の原理』(81)を転機として一般人類学的研究に範囲を拡大させる。その最初の成果が『他者の記号学』(82)である。その後、邦訳されているものだけでも多数の著書がある。『歴史のモラル』(91)でルソー賞を受賞。

    大谷尚文 (オオタニ ナオフミ)
    1947年、島根県生まれ。宮城県出身。東北大学文学部大学院修士課程修了。弘前大学講師、助教授、教授を経て、石巻専修大学教授。おもな訳書に、T・トドロフ『他者の記号学』(共訳)、P・ショーニュー『歴史とデカダンス』(以上、法政大学出版局)、Ph・ラクー‐ラバルト『政治という虚構』(共訳、藤原書店)、E・ラルセン『風景画家レンブラント』(共訳)、トドロフ『アステカ帝国滅亡記』(共訳)、P・ヴェーヌ他『個人について』、Chr・オリヴィエ『母の刻印』、トドロフ『フランスの悲劇』、トドロフ『共同生活』、S・ティスロン『恥』(共訳)、トドロフ『ミハイル・バフチン 対話の原理』、オリヴィエ『母と娘の精神分析』(共訳)、G・リポヴェツキー『空虚の時代』(共訳)、トドロフ『イラク戦争と明日の世界』、H・ド・サン=ブランカ『人類の記憶』、トドロフ『悪の記憶・善の誘惑』、トドロフ『絶対の冒険者たち』、Ph・ロジェ『アメリカという敵』(共訳、以上、法政大学出版局)、トドロフ『民主主義の内なる敵』(みすず書房)などがある。

民主主義の内なる敵 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:ツヴェタン トドロフ(著)/大谷 尚文(訳)
発行年月日:2016/07/20
ISBN-10:4622085127
ISBN-13:9784622085126
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:250ページ ※246,4P
縦:20cm
その他: 原書名: LES ENNEMIS INTIMES DE LA D´EMOCRATIE〈Todorov,Tzvetan〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 民主主義の内なる敵 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!