人間晩年図巻1995-99年 [単行本]
    • 人間晩年図巻1995-99年 [単行本]

    • ¥2,09063ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月11日水曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002605496

人間晩年図巻1995-99年 [単行本]

価格:¥2,090(税込)
ポイント:63ポイント(3%還元)(¥63相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月11日水曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩波書店
販売開始日:2016/06/30
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 136420位

人間晩年図巻1995-99年 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件、少子高齢化、デフレ…。「戦後」が終焉し、日本社会が変質するなか、「晩年」を生き、世を去った者たち。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    一九九五年に死んだ人々(内村健一(腎不全・68歳)―「天下一家の会」という無限連鎖講を考案した男
    金子信雄(細菌性敗血症・71歳)―「美少年」から「セコい親分」への道のり ほか)
    一九九六年に死んだ人々(横山やすし(肝硬変・51歳)―好きでもない酒で命を縮めた漫才師
    司馬遼太郎(腹部大動脈瘤破裂・72歳)―「歴史青春小説家」から「憂国」の人へ ほか)
    一九九七年に死んだ人々(藤沢周平(肝不全・69歳)―「普通」であろうと努力した作家
    トウ小平(パーキンソン病と肺感染症の合併症・92歳)―不倒翁倒了 ほか)
    一九九八年に死んだ人々(剣晃敏志(汎血球減少症・30歳)―「大食細胞」に敗れた力士
    尾嶋彰(殺人被害・56歳)―パリの空の下、殺人者も闊歩する ほか)
    一九九九年に死んだ人々(芦田伸介(肝臓がん・81歳)―退職後の『七人の刑事』
    スタンリー・キューブリック(心臓発作・70歳)―「才能あるイヤな野郎」 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    関川 夏央(セキカワ ナツオ)
    作家。1949年、新潟県生まれ。上智大学外国語学部中退。『海峡を越えたホームラン』(双葉社、1984年)で第7回講談社ノンフィクション賞、『「坊っちゃん」の時代』(谷口ジローと共作、双葉社、1987‐97年)で第2回手塚治虫文化賞、2001年には、その「人間と時代を捉えた幅広い創作活動」により第4回司馬遼太郎賞、『昭和が明るかった頃』(文藝春秋、2002年)で第19回講談社エッセイ賞を受賞

人間晩年図巻1995-99年 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:関川 夏央(著)
発行年月日:2016/06/28
ISBN-10:4000611402
ISBN-13:9784000611404
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:302ページ
縦:20cm

    岩波書店 人間晩年図巻1995-99年 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!