アマミホシゾラフグ―海のミステリーサークルのなぞ(ほるぷ水族館えほん) [絵本]
    • アマミホシゾラフグ―海のミステリーサークルのなぞ(ほるぷ水族館えほん) [絵本]

    • ¥1,43043ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002606642

アマミホシゾラフグ―海のミステリーサークルのなぞ(ほるぷ水族館えほん) [絵本]

価格:¥1,430(税込)
ポイント:43ポイント(3%還元)(¥43相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ほるぷ出版
販売開始日: 2016/08/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

アマミホシゾラフグ―海のミステリーサークルのなぞ(ほるぷ水族館えほん) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    海の底にある、ふしぎなもようの「ミステリーサークル」。そのサークルの主は、手のひらほどのサイズの小さなフグ。なんと、新種の魚だったのです―。世界中をおどろかせたフグの正体にせまる写真絵本です。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    江口 絵理(エグチ エリ)
    1973年新潟県生まれ。日本出版社勤務を経て、イギリスの出版社にインターン勤務の後、フリーランスのライター・編集者に。著書に日本絵本賞を受賞した『ゆらゆらチンアナゴ』(ほるぷ出版)など

    大方 洋二(オオカタ ヨウジ)
    1942年東京生まれ。水中写真家。39歳でフリーの水中写真家として独立し、おもに魚の表情や生態行動の撮影を得意とする

    友永 たろ(トモナガ タロ)
    1961年大分県生まれ。さかな系イラストレーター。得意分野はこどもと魚、水生動物、古生物、プランクトンなど自然科学系
  • 出版社からのコメント

    2012年に発見されたアマミホシゾラフグは、小さな体で大きなサークルを作ることで話題になった。読み応えのある写真絵本。
  • 著者について

    江口 絵理 (エグチ エリ)
    1973年新潟県生まれ。日本の出版社勤務を経て、イギリスの出版社にインターン勤務の後、フリーランスの編集者・ライターに。著書に『ボノボ――地球上で、いちばんヒトに近いサル』『ミーアキャットの家族』(以上そうえん社)、『ヤモリの指から不思議なテープ』(アリス館)など。

    大方 洋二 (オオカタ ヨウジ)
    奄美大島の沖、海底になぞのミステリーサークルがある。これを作ったのはだれ? なんのため…? 2012年に発見され、新種として登録されたアマミホシゾラフグは、小さな体で大きなサークルを作ることで話題になった。読み応えのある写真絵本。

アマミホシゾラフグ―海のミステリーサークルのなぞ(ほるぷ水族館えほん) の商品スペック

商品仕様
出版社名:ほるぷ出版
著者名:江口 絵理(文)/大方 洋二(写真)/友永 たろ(絵)
発行年月日:2016/07/25
ISBN-10:4593583063
ISBN-13:9784593583065
判型:規大
対象:児童
発行形態:絵本
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:31ページ
縦:21cm
横:23cm
他のほるぷ出版の書籍を探す

    ほるぷ出版 アマミホシゾラフグ―海のミステリーサークルのなぞ(ほるぷ水族館えほん) [絵本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!