論集 蓮實重彦 [単行本]
    • 論集 蓮實重彦 [単行本]

    • ¥5,940179ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年2月22日土曜日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002607016

論集 蓮實重彦 [単行本]

価格:¥5,940(税込)
ポイント:179ポイント(3%還元)(¥179相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年2月22日土曜日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:羽鳥書店
販売開始日:2016/07/31
ご確認事項:返品不可

論集 蓮實重彦 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    『監督 小津安二郎』、『「ボヴァリー夫人」論』、『伯爵夫人』の著者は何者なのか?27人の「非嫡出子」による蓮實重彦論。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    姦婦と佩剣―十九世紀のフランス小説『ボヴァリー夫人』を二十一世紀に論じ終えた老齢の批評家の、日本語によるとりとめもないつぶやき
    ボヴァリー夫人のことなどお話させていただきます―蓮實重彦先生へ
    『「ボヴァリー夫人」論』では思いきり贅沢させていただきました―工藤庸子さんへの返信
    義兄弟の肖像―『帝国の陰謀』とその周辺をめぐって
    Sign‘O’the Times―『伯爵夫人』を読む
    批評と贅沢―『「ボヴァリー夫人」論』をめぐって
    「二次創作」に抗する「二次創作」―蓮實重彦『「ボヴァリー夫人」論』の「序章 読むことのはじまりに向けて」と「1 散文と歴史」を読む
    A comme art,et.../Aはart(芸術)のA、そして…
    塵の教え―フィクションに関するとりとめない註記
    さらなる「運動の擁護」へ〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    工藤 庸子(クドウ ヨウコ)
    フランス文学・ヨーロッパ地域文化研究。1944年埼玉県生まれ。東京大学名誉教授

論集 蓮實重彦 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:羽鳥書店
著者名:工藤 庸子(編)
発行年月日:2016/06/30
ISBN-10:4904702611
ISBN-13:9784904702611
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:623ページ
縦:22cm

    羽鳥書店 論集 蓮實重彦 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!