文学としてのドラゴンクエスト [単行本]
    • 文学としてのドラゴンクエスト [単行本]

    • ¥96830ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月14日土曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002611310

文学としてのドラゴンクエスト [単行本]

価格:¥968(税込)
ポイント:30ポイント(3%還元)(¥30相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月14日土曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:コアマガジン
販売開始日:2016/12/02
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 459106位

文学としてのドラゴンクエスト [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    2016年に誕生30周年を迎えた『ドラゴンクエスト』シリーズ。ドラクエの作者・堀井雄二は「物語を体験する」ゲームを作り続けてきました。あるいは、あなた自身が主人公になることが出来る文学を描き続けてきたとも言えるでしょう。その試みは、実は村上春樹や、ライトノベルといった日本のすべてのポップカルチャーの進歩と密接な関係があるのです。いま、ドラクエが切り開いた新しい文学の地平への冒険が始まります。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 文学としてのドラゴンクエスト
    第1章 ドラクエ前夜―早稲田大学からポートピア連続殺人事件
    第2章 キミが勇者になる―ドラクエの誕生
    第3章 堀井雄二と村上春樹のデタッチメント―ロト三部作
    第4章 大きな物語の消失―天空三部作
    第5章 「ドラクエらしさ」の集大成と新しい時代へ―ドラクエ7からドラクエ8
    第6章 ネットワーク上のもう一つの人生―ドラクエ9からドラクエ10
    終章 そして伝統へ―ドラクエ11
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    さやわか(サヤワカ)
    1974年北海道生まれ。大学卒業後、音楽業界・出版業界での会社勤務を経て、ライターとして『クイック・ジャパン』、『ユリイカ』、『朝日新聞』などで執筆。関心領域は物語性を見いだせるもの全般で、小説、漫画、アニメ、音楽、映画、演劇、ネットなどのカルチャーを幅広く評論する

文学としてのドラゴンクエスト [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:コアマガジン
著者名:さやわか(著)
発行年月日:2016/12/16
ISBN-10:4864369461
ISBN-13:9784864369466
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:諸芸・娯楽
ページ数:255ページ
縦:18cm

    コアマガジン 文学としてのドラゴンクエスト [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!