厄介な遺産―日本近代文学と演劇的想像力 [単行本]
    • 厄介な遺産―日本近代文学と演劇的想像力 [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002611798

厄介な遺産―日本近代文学と演劇的想像力 [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:青土社
販売開始日: 2016/07/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

厄介な遺産―日本近代文学と演劇的想像力 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    文学史に隠された遺産=亡霊をあざやかによみがえらせる、野心的試み。日本近代文学の真実。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 文学史的不安
    第1章 劇作家としての漱石―モダニズムとその変異
    第2章 東洋的前衛―二つの近代の衝突
    第3章 恋愛の牢獄、クィアの劇場
    幕間 逃走路としての演劇―谷崎潤一郎から中上健次へ
    第4章 地図制作者たち―紀行文のリアリズムと倫理
    終章 観客―二〇世紀の紛争地帯
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    福嶋 亮大(フクシマ リョウタ)
    1981年、京都市生まれ。文芸評論家、中国文学者。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。現在、立教大学文学部助教。近世からポストモダンに到る東アジアの社会的文脈を踏まえながら、文学にとどまらず日中のサブカルチャーや幅広いジャンルで批評活動を展開している。2014年に『復興文化論』(青土社)でサントリー学芸賞受賞

厄介な遺産―日本近代文学と演劇的想像力 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:青土社
著者名:福嶋 亮大(著)
発行年月日:2016/08/15
ISBN-10:4791769430
ISBN-13:9784791769438
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:320ページ ※314,6P
縦:20cm
他の青土社の書籍を探す

    青土社 厄介な遺産―日本近代文学と演劇的想像力 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!