図解 孤独は脳に悪い [単行本]
    • 図解 孤独は脳に悪い [単行本]

    • ¥66020ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月16日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002615765

図解 孤独は脳に悪い [単行本]

価格:¥660(税込)
ポイント:20ポイント(3%還元)(¥20相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月16日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2016/08/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

図解 孤独は脳に悪い [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    脳が老いると見た目もふける!マンガと図解で「老いない脳」のつくり方を徹底解説。ちょっとした「考えグセ」を変えるだけで頭が冴えまくる!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 孤独は脳に悪い(ストレスを受けると、脳はどんどん老化する
    うつ病を経験すると、認知症リスクが高くなる ほか)
    2 脳が若い人と老化している人は何が違うのか(年を取ると、なぜ物忘れが多くなるのか
    認知症になるとき、脳で何が起きているか ほか)
    3 物忘れが多い人は脳が老いている!(物忘れをする人は、すでに脳が老い始めている
    昨日読んだ本の内容が思い出せないのは認知症予備軍 ほか)
    4 100歳でも若々しい脳を持っているのは、どんな人?(100歳になっても頭が冴えている人に共通していることとは?
    脳を若々しく保って長生きするには「腹7分目」 ほか)
    5 認知症になりやすい習慣に要注意!(認知症になる人が陥りやすい3つの習慣
    電車や車でばかり移動していると、脳の血流が悪くなる ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    高島 明彦(タカシマ アキヒコ)
    理学博士。学習院大学理学部生命科学科教授。1954年長崎県生まれ。九州大学理学部卒業、同大学理学部大学院生物学研究科修士修了。佐賀医科大学、米国国立衛生研究所、三菱化学生命科学研究所などの研究員を経て、97年から理化学研究所脳科学総合研究センターのアルツハイマー病研究チーム・チームリーダー。2011年から国立長寿医療研究センター分子基盤研究部長。2016年から現職

図解 孤独は脳に悪い [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:高島 明彦(著)
発行年月日:2016/08/10
ISBN-10:4344029798
ISBN-13:9784344029798
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:95ページ
縦:21cm
その他:『淋しい人はボケる 認知症になる心理と習慣』修正・改訂・改題書
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 図解 孤独は脳に悪い [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!