時代精神の病理学―心理療法の26章 新装版 [単行本]
    • 時代精神の病理学―心理療法の26章 新装版 [単行本]

    • ¥3,740113ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002619855

時代精神の病理学―心理療法の26章 新装版 [単行本]

価格:¥3,740(税込)
ポイント:113ポイント(3%還元)(¥113相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2016/08/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

時代精神の病理学―心理療法の26章 新装版 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    『夜と霧』において、ナチスの強制収容所体験を精神科医の眼で記した著者が、大戦前後の社会と心理療法の関係を語る。
  • 目次

    まえおき

    精神医学の啓蒙という問題
    精神分析と個人心理学
    宿命論的態度
    仮の生き方
    集団と指導者
    老化の精神衛生
    中年の精神衛生
    催眠術
    不安と不安神経症について
    不眠について
    ヒポコンドリーとヒステリー
    愛について
    不安神経症と強迫神経症について
    麻酔分析と精神外科
    メランコリー
    精神分裂病
    自分自身に対する不安
    マネジャー病
    安楽死か集団虐殺か?
    精神の反抗力について
    臨床から見た心身問題
    心霊術
    精神科医は現代美術をどう考えるか?
    医師と悩み
    医師の精神指導と司祭の精神指導
    人間は遺伝と環境の産物か?

    訳者あとがき
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    フランクル,ヴィクトル・E.(フランクル,ヴィクトルE./Frankl,Viktor Emil)
    1905年、ウイーンに生れる。ウイーン大学卒業。在学中よりアドラー、フロイトに師事し、精神医学を学ぶ。第二次世界大戦中、ナチスにより強制収容所に送られた体験を、戦後まもなく『夜と霧』に記す。1955年からウイーン大学教授。人間が存在することの意味への意志を重視し、心理療法に活かすという、実存分析やロゴテラピーと称される独自の理論を展開する。1997年9月歿

    宮本 忠雄(ミヤモト タダオ)
    1930年埼玉県に生れる。1954年東京医科歯科大学医学部卒業。精神医学専攻。自治医科大学名誉教授。1999年歿
  • 出版社からのコメント

    『夜と霧』を記したフランクルが、第二次世界大戦前後の社会と、心理療法との関係を語る。ウィーンのラジオで放送された26講演。
  • 内容紹介

    第二次世界大戦後まもなく『夜と霧』において、ナチスの強制収容所体験を記した精神科医フランクル。本書は彼が1951年から55年まで、ウィーンのラジオで行った連続講演を収録する。大戦前後の社会状況を冷静に見つめ、心理療法はどのように回答を与えうるか、わかりやすく語る。「集団と指導者」「不眠について」「愛について」「自分自身に対する不安」「安楽死か集団虐殺か」「医師と悩み」ほか、全26篇。

    [1961年5月『フランクル著作集』3として初版刊行]
  • 著者について

    ヴィクトール・E・フランクル   (ヴィクトール イー フランクル)
    1905年、ウィーンに生れる。ウィーン大学卒業。在学中よりアドラー、フロイトに師事し、精神医学を学ぶ。第二次世界大戦中、ナチスにより強制収容所に送られた体験を、戦後まもなく『夜と霧』に記す。1955年からウィーン大学教授。人間が存在することの意味への意志を重視し、心理療法に活かすという、実存分析やロゴテラピーと称される独自の理論を展開する。1997年9月歿。著書『夜と霧』『死と愛』『時代精神の病理学』『精神医学的人間像』『識られざる神』『神経症』(以上、邦訳、みすず書房)『それでも人生にイエスと言う』『宿命を超えて、自己を超えて』『フランクル回想録』『〈生きる意味〉を求めて』『制約されざる人間』『意味への意志』(以上、邦訳、春秋社)。

    宮本忠雄 (ミヤモトタダオ)
    1930年埼玉県に生れる。1954年東京医科歯科大学医学部卒業。精神医学専攻。1973年から自治医科大学教授。1999年歿。著書『精神分裂病の世界』(紀伊國屋書店、1966)『人間的異常の考察』(筑摩書房、1970)『現代の異常と正常』『言語と妄想』(平凡社、1972、1974)『妄想研究とその周辺』(弘文堂、1982)。訳書 フランクル『時代精神の病理学』(1961)『神経症』(共訳、1961)ビンスワンガー『現象学的人間学』(共訳、1967)メルロ=ポンティ『知覚の現象学』2(共訳、1974)テレンバッハ『メランコリー』(1985、以上みすず書房)ハンス・トリューブ『出会いによる精神療法』(共訳、金剛出版、1982)ラカン『パラノイア性精神病』(共訳、朝日出版社、1987)ほか。

時代精神の病理学―心理療法の26章 新装版 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:ヴィクトル・E. フランクル(著)/宮本 忠雄(訳)
発行年月日:2016/08/10
ISBN-10:4622085372
ISBN-13:9784622085379
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:214ページ
縦:20cm
その他: 原書名: PSYCHOTHERAPIE F¨UR DEN ALLTAG〈Frankl,Viktor Emil〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 時代精神の病理学―心理療法の26章 新装版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!