森浩一著作集〈第4巻〉倭人伝と考古学 [全集叢書]
    • 森浩一著作集〈第4巻〉倭人伝と考古学 [全集叢書]

    • ¥3,08093ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月30日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002624105

森浩一著作集〈第4巻〉倭人伝と考古学 [全集叢書]

  • 5.0
価格:¥3,080(税込)
ポイント:93ポイント(3%還元)(¥93相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月30日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新泉社
販売開始日: 2016/08/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

森浩一著作集〈第4巻〉倭人伝と考古学 [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「倭人伝」を読むための基本的方法と姿勢。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    倭人伝と考古学(古墳と墳墓の用語について―卑弥呼の冢の解釈の前提として
    吉野ケ里から邪馬台国が見える
    「魏志倭人伝」と考古学
    倭人磚と会稽
    曹氏墓出土の倭人字磚と二、三の問題―李燦氏の業績を中心に
    古代における日本と江南)
    文字資料と研究法(発掘文字資料の年代の下限
    銅鏡銘文と『万葉集』の表記
    日本文化における文字と記号
    磐井の墓か墓墳か
    いま考古学から“記紀”を見る)
    古典と考古学(風土記と考古学
    崇神・垂仁から推古に下った狭山池
    古典の地名と遺跡名
    考古学からみた仏教受容―仏獣出土古墳と伽藍の造営
    『万葉集』と考古学
    大野寺の土塔と人名瓦について)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    森 浩一(モリ コウイチ)
    1928~2013年。大阪市生まれ。1951年同志社大学文学部英文科卒業。1957年同志社大学大学院文学研究科修士課程修了。大阪府立泉大津高校教諭、関西大学講師を経て、1965年同志社大学文学部専任講師、のち1972年同志社大学文学部教授。1999年同志社大学を退職し、同大学名誉教授。2012年第二十二回南方熊楠賞受賞。2013年8月6日逝去(八十五歳)

森浩一著作集〈第4巻〉倭人伝と考古学 [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新泉社
著者名:森 浩一(著)/森浩一著作集編集委員会(編)
発行年月日:2016/08/15
ISBN-10:4787715240
ISBN-13:9784787715241
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:日本歴史
ページ数:339ページ
縦:20cm
他の新泉社の書籍を探す

    新泉社 森浩一著作集〈第4巻〉倭人伝と考古学 [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!