「言葉にできる」は武器になる。 [単行本]
    • 「言葉にできる」は武器になる。 [単行本]

    • ¥1,62049ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年9月21日土曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002627515

「言葉にできる」は武器になる。 [単行本]

価格:¥1,620(税込)
ポイント:49ポイント(3%還元)(¥49相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年9月21日土曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済新聞社
販売開始日:2016/08/27
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 31782位1日間100位以内

「言葉にできる」は武器になる。 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    『世界は誰かの仕事でできている。』『この国を、支える人を支えたい。』トップコピーライターが伝授する、言葉と思考の強化書、遂に完成。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 「内なる言葉」と向き合う(言葉で評価される時代
    言葉には2つの種類がある―「外に向かう言葉」と「内なる言葉」
    「内なる言葉」と向き合う
    「人を動かす」から「人が動く」へ―言葉が響けば、人は自然と動きだす
    最後は「言葉にできる」が武器になる)
    2 正しく考えを深める「思考サイクル」(内なる言葉の解像度を上げる
    「思考サイクル」で正しく考えを深める―内なる言葉を磨く全身思考法
    自分との会議時間を確保する)
    3 プロが行う「言葉にするプロセス」(思いをさらけ出す2つの戦略
    日本語の「型」を知る
    言葉を生み出す「心構え」を持つ)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    梅田 悟司(ウメダ サトシ)
    株式会社電通コピーライター、コンセプター。1979年生まれ。上智大学大学院理工学研究科修了。在学中にSTAR STARTS RECORDSを起業した後、電通入社。マーケティングプランナーを経て、コピーライターに。広告制作の傍ら、産学共同プロジェクトの立ち上げ、新製品開発、アーティストへの楽曲提供など幅広く活動。カンヌ広告賞、レッドドット賞、グッドデザイン賞、観光庁長官表彰など国内外30以上の賞を受ける。横浜市立大学国際都市学系客員研究員
  • 出版社からのコメント

    なぜ、あの人の言葉は胸に響くのか? 心に刺さる言葉に法則はあるのか? いま注目のコピーライターが語る、人を動かす言葉の秘密。
  • 内容紹介

    ◆人を動かすために「心地いい言葉」はいらない!
    自分の思いをどうやって「言葉」にして「伝える」か?
    人の心を動かす「表現」には秘密があるのか?
    「うまく自分の言葉で話せない」「人の心に刺さる表現力を身につけたい」――志や思い、自分のなかにあるビジョンを言語化するために何をすればよいのか?
    そんな悩みを抱えている全ての人に、いま注目のコピーライターが独自の手法をわかりやすく開示する、人の心を動かす言葉の法則。
    人は、その言葉の中に自分の思いを発見したときに心を動かされるのであり、技巧を凝らした表現などいらないのだ! 自身が手がけた広告コピー、古今東西の有名事例を、「メッセージとしての明確性」「そこにいかに自分を投影するか」「伝えたい想いをいかに生み出すか」という視点から分解、「意志を言葉に込める技術」を解説する。

    ◆トップコピーライターが伝授する言葉と思考の強化書、遂に完成! 「人に伝える・動かす」は、多くの人が様々な場面で直面し、悩むテーマ。
    いかに言葉を磨き上げるか? 誰にでもできる方法論を具体的に解説する本書は、ビジネスコミュニケーションや企画のプレゼンなどの仕事シーンはもちろん、私生活でのアピール、さらには就職・転職活動にも役立つ考え方が満載の一冊。
    著者は、缶コーヒージョージア「世界は誰かの仕事でできている。」「この国を、支える人を支えたい。」、リクルートのタウンワーク「その経験は味方だ。」「バイトするならタウンワーク。」、「東北六魂祭」などを手がけ、2016年4月期のTBS『日曜劇場99.9』でコミュニケーション・ディレクターを務めるなど、ますます注目度アップのコピーライターである。
  • 著者について

    梅田 悟司 (ウメダサトシ)
    電通コピーライター・コンセプター
    1979年生まれ。上智大学大学院理工学研究科修了。レコード会社を立ち上げた後、電通入社。
    国内外の広告賞・マーケティング賞をはじめ、3度のグッドデザイン賞や官公庁長官表彰などを受ける。CM総合研究所が選出するコピーライタートップ10に2014、15年と2年連続で選出。
    最近の主な話題作は、ジョージア「世界は誰かの仕事でできている。」「この国を支える人を支えたい。」、タウンワーク「その経験は味方だ。」「バイトするならタウンワーク。」がある。また、2016年4月からオンエアされたTBS『日曜劇場99.9』ではコミュニケーション・ディレクターを務めるなど、ますます活動領域を広げている。著書に『企画者は3度たくらむ』ほか。

「言葉にできる」は武器になる。 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済新聞出版社
著者名:梅田 悟司(著)
発行年月日:2016/08/25
ISBN-10:4532320755
ISBN-13:9784532320751
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:255ページ
縦:19cm

    日本経済新聞社 「言葉にできる」は武器になる。 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!