完本 百鬼夜行 陽(講談社ノベルス) [新書]
    • 完本 百鬼夜行 陽(講談社ノベルス) [新書]

    • ¥1,51846ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月18日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
完本 百鬼夜行 陽(講談社ノベルス) [新書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002631748

完本 百鬼夜行 陽(講談社ノベルス) [新書]

価格:¥1,518(税込)
ポイント:46ポイント(3%還元)(¥46相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月18日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:講談社
販売開始日:2016/09/09
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 100711位

完本 百鬼夜行 陽(講談社ノベルス) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日常が、安寧が、心が、人が、闇に呑まれていく―。存在せぬはずのきょうだいの影に懊悩する管財人。性欲に惑う刑事。名状しがたいうしろめたさに囚われる老婆。魚の眼に憧れる無欠の薔薇十字探偵。自己の揺らぎとともに立ち現れる「畏怖」が「怪異」へと姿を変える。妖怪小説第弐集が講談社ノベルスに初登場。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    青行燈;大首;屏風のぞき;鬼童;青鷺火;墓の火;青女房;雨女;蛇帯;目競
  • 出版社からのコメント

    妖怪小説、凱旋――。
  • 内容紹介

    日常が、安寧が、心が、人が、闇に呑まれていく――。存在せぬはずのきょうだいの影に懊悩する管財人。性欲に惑う刑事。名状しがたいうしろめたさに囚われる老婆。魚の目に憧れる無欠の薔薇十字探偵。自己の揺らぎとともに立ち現れる「畏怖」が「怪異」へと姿を変える。妖怪小説第弐集が講談社ノベルスに初登場。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    京極 夏彦(キョウゴク ナツヒコ)
    1963年北海道生まれ。’94年『姑獲鳥の夏』でデビュー。’96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞受賞。この二作を含む「百鬼夜行シリーズ」で人気を博す。’97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、’04年『後巷説百物語』で直木賞、’11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞、’16年「えほん遠野物語」シリーズなど遠野の文化への多大な寄与により遠野文化賞を受賞
  • 著者について

    京極 夏彦 (キョウゴク ナツヒコ)
    1963年生まれ。北海道小樽市出身。
    世界妖怪協会、全日本妖怪推進委員会肝煎。
    古典遊戯研究会紙舞会員。お化け大學校・水木しげる学部教授。
    1994年 「姑獲鳥の夏」でデビュー。
    1996年 「魍魎の匣」で第49回日本推理作家協会賞長編部門受賞。
    1997年 「嗤う伊右衛門」で第25回泉鏡花賞受賞。
    2000年 第8回桑沢賞受賞。
    2003年 「覘き小平次」で第16回山本周五郎賞を受賞。
    2004年 「後巷説百物語」で第130回直木賞受賞。
    2011年 「西巷説百物語」で第24回柴田錬三郎賞受賞。

完本 百鬼夜行 陽(講談社ノベルス) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:京極 夏彦(著)
発行年月日:2016/09/07
ISBN-10:4062990814
ISBN-13:9784062990813
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:457ページ
縦:18cm

    講談社 完本 百鬼夜行 陽(講談社ノベルス) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!