橋を架ける者たち―在日サッカー選手の群像(集英社新書ノンフィクション) [新書]
    • 橋を架ける者たち―在日サッカー選手の群像(集英社新書ノンフィクション) [新書]

    • ¥84226ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2018年9月21日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
橋を架ける者たち―在日サッカー選手の群像(集英社新書ノンフィクション) [新書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002637103

橋を架ける者たち―在日サッカー選手の群像(集英社新書ノンフィクション) [新書]

価格:¥842(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2018年9月21日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日:2016/09/16
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 364672位

橋を架ける者たち―在日サッカー選手の群像(集英社新書ノンフィクション) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    吹き荒れるヘイトスピーチ、嫌韓反中本の数々…。後押しするかのように、行政もまた朝鮮学校へ相次ぐ差別的な措置を下している。しかし、我々はそこに生きる、ひたむきに何かに打ち込む若者の物語に耳を傾けたことがあっただろうか。強豪として知られる朝鮮高校蹴球部出身の安英学、梁勇基、鄭大世…。スーパープレーヤーたちの物語から、彼らを取り囲む日本社会の今が見えてくる。サッカーで、差別は乗り越えられるのか。マイノリティに光を当て、選手たちの足跡を描き切った魂のノンフィクション。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 イマジン安英学の軌跡
    第2章 「国境」を越える安英学
    第3章 誠実なるファンタジスタ梁勇基・疾走する人間ブルドーザー鄭大世
    第4章 帰国運動を巡って刻んだ双曲線 キムミョンシクとリドンギュウ
    第5章 突破する詩人 理事長リガンホン
    第6章 レイシズムに抗う李普鉉
    第7章 CONIFAワールドフットボール・カップ1
    第8章 日本人オンリー
    第9章 CONIFAワールドフットボール・カップ2
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    木村 元彦(キムラ ユキヒコ)
    ノンフィクションライター、ビデオジャーナリスト。東欧やアジアの民族問題を中心に取材、執筆活動を続ける。著書に『オシムの言葉』(2005年度ミズノスポーツライター賞最優秀賞)、『争うは本意ならねど』(2012年度日本サッカー本大賞)等
  • 内容紹介

    強豪として知られる朝鮮高校サッカー部出身のアン・ヨンハ、リャン・ヨンギら、サッカー界を賑わせた選手たちの物語から、在日を取り囲む日本社会の今が見えてくる。

橋を架ける者たち―在日サッカー選手の群像(集英社新書ノンフィクション) の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:木村 元彦(著)
発行年月日:2016/09/21
ISBN-10:4087208494
ISBN-13:9784087208498
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:社会
言語:日本語
ページ数:269ページ
縦:18cm

    集英社 橋を架ける者たち―在日サッカー選手の群像(集英社新書ノンフィクション) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!