ミュッセ 新装版 (Century Books―人と思想〈170〉) [全集叢書]

販売休止中です

    • ミュッセ 新装版 (Century Books―人と思想〈170〉) [全集叢書]

    • ¥1,32040ポイント(3%還元)
100000009002644844

ミュッセ 新装版 (Century Books―人と思想〈170〉) [全集叢書]

価格:¥1,320(税込)
ポイント:40ポイント(3%還元)(¥40相当)
日本全国配達料金無料
出版社:清水書院
販売開始日:2016/09/30
ご確認事項:返品不可

ミュッセ 新装版 (Century Books―人と思想〈170〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    アルフレッド=ミュッセは、ラマルチーヌ、ヴィニー、ユゴーと並んでフランス・ロマン派四大詩人の一人で、ロマン派の中でも一番「ロマン派的」な詩人だった。「愛したあとで、絶えず愛さなければならない」と歌った詩人にふさわしくその生涯は華麗な女性遍歴に彩られている。とりわけ、パリで花咲きヴェネチアで散った男装の麗人ジョルジュ=サンドとの「世紀の恋」は文学史上あまりにも有名である。青春と恋愛の哀歓をせつせつと歌い上げた名品を数多く残す一方で、『戯れには恋はすまじ』『マリアンヌの気まぐれ』など優雅で洗練された戯曲も書いた。その芝居は今なおしばしば上演されている。本書は、そうしたミュッセの活き活きとした真の姿を描こうとした、待望久しい、わが国で最初の評伝である。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 恋とポエジーにあこがれて(詩人への道
    『スペインとイタリアの物語』の世界)
    2 ロマン派の異端児(プロの文筆家として
    霊感の詩学)
    3 世紀の恋(ジョルジュ・サンドに恋して
    『世紀児の告白』をめぐって)
    4 苦悩の詩学(大恋愛のあとで
    成熟と本領―『新詩集』)
    5 劇作家として(詩魂の枯渇
    ミュッセの演劇)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    野内 良三(ノウチ リョウゾウ)
    1944(昭和19)年、東京に生まれる。東京教育大学文学部仏文科卒業、同大学院博士課程中退。高知大学教授を経て、関西外国語大学教授。フランス文学専攻

ミュッセ 新装版 (Century Books―人と思想〈170〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:清水書院
著者名:野内 良三(著)
発行年月日:2016/09/25
ISBN-10:4389421700
ISBN-13:9784389421700
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:哲学
ページ数:226ページ
縦:19cm
横:12cm

    清水書院 ミュッセ 新装版 (Century Books―人と思想〈170〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!