オパーリン 新装版 (Century Books―人と思想〈183〉) [全集叢書]
    • オパーリン 新装版 (Century Books―人と思想〈183〉) [全集叢書]

    • ¥1,32040ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月18日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002644847

オパーリン 新装版 (Century Books―人と思想〈183〉) [全集叢書]

価格:¥1,320(税込)
ポイント:40ポイント(3%還元)(¥40相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月18日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:清水書院
販売開始日:2016/09/30
ご確認事項:返品不可

オパーリン 新装版 (Century Books―人と思想〈183〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    『生命の起原』の著者オパーリンは、一九五五年秋、日本を訪れた。各地で催された講演会は盛況で、ソ連の生化学者として親しまれ、その著作は広範な読者を獲得した。日本との交流は生涯、途絶えることはなかった。一九三六年の原著『地球上の生命の発生』は、有機物から生命が生成する過程に「コアセルヴェート液滴」を想定した仮説を提示したものとして知られる。五年後に増補版が、さらに一九五七年には新しい自然科学の諸成果を踏まえた改訂版が刊行された。無生物から生物への物質の進化を探究する試みは共鳴者を広げ、科学的な研究課題として承認されて、国際的な学会の設立へとつながった。本書では、オパーリンの言説の展開をたどり、「生命の本質はその発生の歴史を知ることなしには認識できない」とする彼の思想と立場を検証する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 オパーリンの訪日
    2 若きオパーリン
    3 「生命の起原」の誕生
    4 激動と凍結の中で
    5 本格的な生命起原説
    6 晩年のオパーリンとその思想
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    江上 生子(エガミ フユコ)
    東京に生まれる。東京都立大学理学部卒業。東京工業大学助手(2003年3月退職)の傍ら、東京都立大学、一橋大学、東京薬科大学などの非常勤講師を務めた。専攻は生物学史

オパーリン 新装版 (Century Books―人と思想〈183〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:清水書院
著者名:江上 生子(著)
発行年月日:2016/09/25
ISBN-10:4389421832
ISBN-13:9784389421830
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:哲学
ページ数:243ページ
縦:19cm
横:12cm

    清水書院 オパーリン 新装版 (Century Books―人と思想〈183〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!