数理法務のすすめ [単行本]
    • 数理法務のすすめ [単行本]

    • ¥4,180126ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月2日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002647542

数理法務のすすめ [単行本]

価格:¥4,180(税込)
ポイント:126ポイント(3%還元)(¥126相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月2日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2016/09/09
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

数理法務のすすめ [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    進化を続ける法の数理分析。その成果を、すべての法律家のものにする。
  • 目次

    第1章 行動分析⑴ 事実認定
     主観確率とは何か/主観確率の基本的な計算方法と捜査官の誤謬/ベイズの公式と検察官の誤謬/ベイズ更新と弁護人の誤謬
    第2章 行動分析⑵ 意思決定
     決定の木の作り方/リスク中立的な行為者/情報の価値/リスク回避的な行為者/戦略的行動
    第3章 統計分析⑴ 母数の推定
     母集団と標本/推測統計の技法/仮説検定/検定力と第2種の誤り/因果関係の証明
    第4章 統計分析⑵ 相関と回帰
     相関関係/相関係数/最小二乗法/回帰分析の精度/重回帰分析
    第5章 財務分析⑴ 資産の評価
     序論──なぜ法律家がファイナンス理論を学ぶのか/諸概念の定義と2つの基本定理/利子率と期待収益率/分散投資理論/資本資産価格モデル(CAPM)/複数の時期に収益を生み出す資産/オプションの価値
    第6章 財務分析⑵ 会社の政策
     会社経営の目的/投資政策/資本政策/配当政策/多角化政策/非営利政策
  • 出版社からのコメント

    「法の行動分析」「法の統計分析」「法の財務分析」の実務上有用性が高いテーマについて,具体的な事例を用いて解説。
  • 内容紹介

    「法の行動分析」「法の統計分析」「法の財務分析」の実務上有用性が高いテーマについて,数学的議論を厳密に行いつつも,具体的な事例を用いて解説することで読みやすさ,わかりやすさとの両立を実現。数理法務の実践力が身につき,法律家としての技量を高める1冊。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    草野 耕一(クサノ コウイチ)
    西村あさひ法律事務所代表パートナー・慶應義塾大学大学院法務研究科教授、東京大学法学部卒業・ハーバード大学修士(LL.M.)、2007年~2010年東京大学客員教授、2014年ハーバード大学客員教授
  • 著者について

    草野 耕一 (クサノ コウイチ)
    弁護士,西村あさひ法律事務所代表パートナー

数理法務のすすめ [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:草野 耕一(著)
発行年月日:2016/09/05
ISBN-10:4641125880
ISBN-13:9784641125889
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:教養
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:335ページ
縦:22cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 数理法務のすすめ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!