戦後歴史学と日本仏教 [単行本]
    • 戦後歴史学と日本仏教 [単行本]

    • ¥4,180126ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年3月7日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002649855

戦後歴史学と日本仏教 [単行本]

価格:¥4,180(税込)
ポイント:126ポイント(3%還元)(¥126相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年3月7日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:法蔵館
販売開始日: 2016/10/31
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

戦後歴史学と日本仏教 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    帝国の廃墟の上に再構築される「日本仏教」!敗戦を経験した研究者一五人は「戦後」という新時代において、いかなる日本仏教像を示したか。総合的に考える画期的論文集。
  • 目次

    戦後歴史学と日本仏教――序文  オリオン・クラウタウ
    家永三郎――戦後仏教史学の出発点としての否定の論理  末木文美士
    服部之総――「生得の因縁」と戦後親鸞論の出発点  桐原健真
    井上光貞――焼け跡闇市世代の歴史学  平 雅行
    圭室諦成――社会経済史の日本宗教研究  林 淳
    古田紹欽――大拙に近侍した禅学者               大澤広嗣
    中村元―――東方人文主義の日本思想史            西村 玲
    笠原一男――戦後歴史学と総合的宗教史叙述のはざま   菊地大樹
    森龍吉―――仏教近代化論と真宗思想史研究         岩田真美
    柏原祐泉――自律的信仰の系譜をたどって           引野亨輔
    五来重―――仏教民俗学と庶民信仰の探究           碧海寿広
    吉田久一――近代仏教史研究の開拓と方法          繁田真爾
    石田瑞麿――日本仏教研究における戒律への視角      前川健一
    二葉憲香――仏教の立場に立つ歴史学             近藤俊太郎
    田村芳朗――思想史学と本覚思想研究             花野充道
    黒田俊雄――マルクス主義史学におけるカミの発見      佐藤弘夫
  • 内容紹介

    敗戦により「日本仏教」像はどのように再構築されたのか。戦争を経験し、戦後の歴史研究をリードした、家永三郎、服部之総、井上光貞など15人の研究者の営みから考察する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    クラウタウ,オリオン(クラウタウ,オリオン/Klautau,Orion)
    1980年生まれ。専門は宗教史学(近代日本仏教)。東北大学大学院国際文化研究科准教授
  • 著者について

    オリオン クラウタウ
    オリオン・クラウタウ1980年ブラジル生まれ。東北大学大学院国際文化研究科准教授。専門は宗教史学(近代日本仏教)。東北大学大学院国際文化研究科准教授。著書・論文に『近代日本思想としての仏教史学』(法藏館、2012)、「宗教概念と日本」(島薗進他編『神・儒・仏の時代――シリーズ日本人と宗教第二巻』春秋社、2014)、「近代日本の仏教学における”仏教 Buddhism”の語り方」(末木文美士ほか編『ブッダの変貌――交錯する近代仏教』法藏館、2014)ほか。

戦後歴史学と日本仏教 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:法藏館 ※出版地:京都
著者名:オリオン クラウタウ(編)
発行年月日:2016/11/10
ISBN-10:4831855448
ISBN-13:9784831855442
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:381ページ
縦:21cm
厚さ:2cm
重量:566g
他の法蔵館の書籍を探す

    法蔵館 戦後歴史学と日本仏教 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!