所得課税の国際的側面 [単行本]
    • 所得課税の国際的側面 [単行本]

    • ¥7,260218ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月1日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002652266

所得課税の国際的側面 [単行本]

価格:¥7,260(税込)
ポイント:218ポイント(3%還元)(¥218相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月1日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2016/08/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

所得課税の国際的側面 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    序 説 所得課税の国際的側面を探究すること
    第1部 取引・法人格・管轄権をめぐる考察
     緒 論
     第1章 日本法の沿革と現状
     第2章 租税条約ネットワークの形成
     第3章 ドイツ法
     第4章 アメリカ法
     結 論
     補 論 租税法と私法の関係
    第2部 タックス・ヘイブン対策税制とは何か
     第1章 タックス・ヘイブン対策税制の意義と機能
     第2章 タックス・ヘイブン対策税制と同族会社の留保金課税の共通性
  • 出版社からのコメント

    国際課税の重要問題につき,私法との関係及び国家管轄権の限界の観点を中心に,歴史的,比較法的手法を基にまとめた意欲的研究。
  • 内容紹介

    国際課税上の重要問題について,租税法と私法の関係及び国家管轄権の限界の観点をベースにしつつ検討する。一次史料を渉猟した緻密な歴史的研究,また独・米における法令・裁判例・学説を丁寧にかつ理論的に分析した比較法研究の両者を基礎とする意欲的論考。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    渕 圭吾(フチ ケイゴ)
    1975年長崎県大村市に生まれる。筑波大学附属駒場高等学校を経て、1998年東京大学法学部卒業。租税法専攻。現在、神戸大学大学院法学研究科教授
  • 著者について

    渕 圭吾 (フチ ケイゴ)
    神戸大学教授

所得課税の国際的側面 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:渕 圭吾(著)
発行年月日:2016/08/30
ISBN-10:4641227128
ISBN-13:9784641227125
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:専門
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:417ページ
縦:22cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 所得課税の国際的側面 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!