経営事例の物語分析―企業盛衰のダイナミクスをつかむ [単行本]
    • 経営事例の物語分析―企業盛衰のダイナミクスをつかむ [単行本]

    • ¥2,80885ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002654317

経営事例の物語分析―企業盛衰のダイナミクスをつかむ [単行本]

価格:¥2,808(税込)
ポイント:85ポイント(3%還元)(¥85相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:白桃書房
販売開始日:2016/10/13
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 125866位

経営事例の物語分析―企業盛衰のダイナミクスをつかむ の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 物語分析とは何か(単独・理論事例研究を目指す
    物語によってダイナミクスを解明する
    物語の筋書き―ダイナミクスで生まれる形状
    物語分析の効用)
    第2章 経路依存を発見せよ―単純物語分析の基本視点(単純物語での焦点
    経路依存の発見
    再生強化系列の始動
    再生強化系列の定着)
    第3章 転機と対応―複雑物語のダイナミクス(複雑物語には転機がある
    転機をどう識別するか
    転機対応のタイミング
    対応タイミングはどのように決まるか
    転機対応の選択肢)
    第4章 消滅・復活・漸進―複雑物語の3つの帰結(衰退物語のパターン
    復活物語のパターン
    漸進物語のパターン)
    第5章 変数から出来事へ―物語分析の方法論(経営世界での出来事
    なぜ出来事に焦点を合わせるのか
    出来事概念化の基本作法
    筋書き発見と出来事概念)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    田村 正紀(タムラ マサノリ)
    神戸大学名誉教授、商学博士。専攻はマーケティング・流通システム
  • 内容紹介

    特定企業の事例研究は、研究者・学生だけでなく、広く実務家の関心も惹きつける。単独事例とならざるを得ないことが多いものの、その成功や失敗、あるいは成長や衰退、復活、消滅といった盛衰には種々のダイナミクスが働いており、それが経営知識化されれば実務家にとっての有用性はさらに高まる。
    そこで著者は、物語分析の活用を提唱する。それは、盛衰のダイナミクスを生み出したプロセスをの連鎖からなる物語として解明し、経営知識とする先端手法である。
    本書は、その基本的な概念や技法を豊富な事例を交え解説しており、
    ・どのような事例を選択すべきか
    ・盛衰ダイナミクスの基本過程はどのようなものか
    ・過程の各局面で何に注目すべきか
    ・事例資料をどのように処理していくべきか
    などが学べ、研究者と実務家の双方の関心に応える研究が可能となる。
    著者の、経営研究方法論のテキストとして先に出版された2冊とも、経営分野を越え広く好評を博しており、本書もさまざまなフィールドで注目されよう。

経営事例の物語分析―企業盛衰のダイナミクスをつかむ の商品スペック

商品仕様
出版社名:白桃書房
著者名:田村 正紀(著)
発行年月日:2016/10/06
ISBN-10:4561266852
ISBN-13:9784561266853
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:188ページ
縦:21cm

    白桃書房 経営事例の物語分析―企業盛衰のダイナミクスをつかむ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!