マクロ実践ソーシャルワークの新パラダイム エビデンスに基づく支援環境開発アプローチ―精神保健福祉への適用例から [単行本]
    • マクロ実践ソーシャルワークの新パラダイム エビデンスに基づく支援環境開発アプローチ―精神保健福祉への適用例から [単行本...

    • ¥4,070123ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002657770

マクロ実践ソーシャルワークの新パラダイム エビデンスに基づく支援環境開発アプローチ―精神保健福祉への適用例から [単行本]

価格:¥4,070(税込)
ポイント:123ポイント(3%還元)(¥123相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日:2016/09/29
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 516802位

マクロ実践ソーシャルワークの新パラダイム エビデンスに基づく支援環境開発アプローチ―精神保健福祉への適用例から の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    当事者とともに「ニーズ志向型支援環境」を創出するための「プログラム開発と評価」を学ぶ。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 総論(マクロ実践ソーシャルワークの新機軸―エビデンスに基づく支援環境開発アプローチの可能性
    エビデンスに基づく支援環境開発アプローチの枠組み
    支援環境開発のニーズと支援ゴール―精神保健福祉領域におけるニーズの特徴、支援環境開発のあり方 ほか)
    第2部 精神保健福祉における適用例・実践例(脱施設化と地域生活支援システムの構築―直接対人サービスを伴うケアマネジメントの開発・導入
    包括型ケアマネジメントACTの実施・普及―脱施設化を進めるEBPモデルを日本にどう技術移転するか
    援助付き住居の効果モデル形成―「まずは住居をプログラム」からの示唆 ほか)
    第3部 マクロ実践SWとエビデンスに基づく支援環境開発アプローチの可能性(EBPプログラムと支援環境開発アプローチ―実践家・当事者参画型で進める効果モデル開発と評価の可能性
    エビデンスに基づく支援環境開発アプローチの意義と可能性)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大島 巌(オオシマ イワオ)
    日本社会事業大学学長・教授。1979年東京大学医学部保健学科卒業。1986年東京大学大学院医学系研究科博士課程保健学専門課程修了(保健学博士)。1986‐1993年国立精神・神経センター精神保健研究所研究員・室長。1993‐1996年東京都立大学人文学部社会福祉学科助教授。1996‐2006年東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野助教授。2001‐2002年アメリカ合衆国ペンシルバニア大学医学部精神医学部門精神保健政策・サービス研究センター客員研究員。2006年‐現在日本社会事業大学教授(2012年‐学長)

マクロ実践ソーシャルワークの新パラダイム エビデンスに基づく支援環境開発アプローチ―精神保健福祉への適用例から の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:大島 巌(著)
発行年月日:2016/09/30
ISBN-10:4641174156
ISBN-13:9784641174153
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:333ページ
縦:22cm

    有斐閣 マクロ実践ソーシャルワークの新パラダイム エビデンスに基づく支援環境開発アプローチ―精神保健福祉への適用例から [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!