いなばの白うさぎ―オオナムヂとヤガミヒメ(日本の神話古事記えほん〈4〉) [絵本]
    • いなばの白うさぎ―オオナムヂとヤガミヒメ(日本の神話古事記えほん〈4〉) [絵本]

    • ¥1,87057ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002666416

いなばの白うさぎ―オオナムヂとヤガミヒメ(日本の神話古事記えほん〈4〉) [絵本]

価格:¥1,870(税込)
ポイント:57ポイント(3%還元)(¥57相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2016/12/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

いなばの白うさぎ―オオナムヂとヤガミヒメ(日本の神話古事記えほん〈4〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    やまたのおろちを退治したスサノオの子孫、オオナムヂは、意地悪な兄たちの家来として、美しいと評判のヤガミヒメのくらす稲羽の国へ旅に出ます。その途中、オオナムヂは赤はだかで泣いているうさぎに出会います。オオナムヂが理由をたずねると…。のちに地上の王、オオクニヌシとなるオオナムヂのお話です。語りつがれてきた日本の神話「古事記」絵本の決定版!
  • 内容紹介

    オオクニヌシの若いころのお話です

    日本の神話・古事記えほんシリーズ第4巻は複数の小学校の教科書にも採用されているいなばの白うさぎのお話です。
    監修に古事記研究の第一人者三浦佑之先生、文に人気児童文学作家の荻原規子先生を迎え、一流の絵本作家さんが描く、恋あり、けんかあり、大冒険ありの神話の世界、第4弾です。
    これは、オオクニヌシの若いころ、まだオオナムヂと呼ばれていたころのお話です。オオナムヂは意地悪な兄たちの家来として、美しいと評判のヤガミヒメのくらす稲羽の国へと旅立ちます。そしてその途中、赤裸で泣いているうさぎに出会います。オオナムヂが理由をたずねると・・・・。
    有名ないなばの白うさぎのおはなしとその後のオオナムヂの受難の物語を、山村浩二先生の絵で、お楽しみください。

    図書館選書
    古事記えほんシリーズ第4巻は、いなばの白うさぎのお話です。監修は三浦佑之先生、文は荻原規子先生です。山村浩二先生の大胆かつ繊細な絵で、新しい古事記の世界をお楽しみください。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    三浦 佑之(ミウラ スケユキ)
    三重県出身。立正大学教授、千葉大学名誉教授。「古事記」研究の第一人者。上代文学会賞、角川財団学芸賞、古代歴史文化みやざき賞などを受賞

    荻原 規子(オギワラ ノリコ)
    東京都出身。『風神秘抄』(徳間書店)で第55回小学館児童出版文化賞など多数の賞を受賞

    山村 浩二(ヤマムラ コウジ)
    愛知県出身。短編アニメーションを多彩な技法で制作し、『頭山』は第75回アカデミー賞にノミネート。『カフカ 田舎医者』などをふくめて、国内外の賞を多数受賞している。絵本では『ちいさな おおきな き』(小学館)で第65回小学館児童出版文化賞受賞。ほかの絵本に『ぱれーど』(講談社)などがある。映画芸術科学アカデミー会員、東京藝術大学教授

いなばの白うさぎ―オオナムヂとヤガミヒメ(日本の神話古事記えほん〈4〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:三浦 佑之(監修)/荻原 規子(文)/山村 浩二(絵)
発行年月日:2016/12/05
ISBN-10:4097266381
ISBN-13:9784097266389
判型:規大
対象:児童
発行形態:絵本
内容:絵画・彫刻
言語:日本語
ページ数:1冊
縦:27cm
横:22cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 いなばの白うさぎ―オオナムヂとヤガミヒメ(日本の神話古事記えほん〈4〉) [絵本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!