外交交渉回想―沖縄返還・福田ドクトリン・北方領土 [単行本]
    • 外交交渉回想―沖縄返還・福田ドクトリン・北方領土 [単行本]

    • ¥4,180126ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年7月28日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002667452

外交交渉回想―沖縄返還・福田ドクトリン・北方領土 [単行本]

価格:¥4,180(税込)
ポイント:126ポイント(3%還元)(¥126相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年7月28日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:吉川弘文館
販売開始日: 2016/11/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

外交交渉回想―沖縄返還・福田ドクトリン・北方領土 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ソ連が崩壊してロシアが独立した激動の時代にモスクワで大使を務めた元外交官の回想。沖縄返還交渉、対ASEAN政策、フォークランド紛争など、自らがかかわった戦後外交交渉を振り返り、スハルト・ゴルバチョフ・エリツィンなど任国首脳との信頼関係の構築についても語る。北方領土交渉や尖閣諸島など、いまなお続く外交問題に関しても提言する。
  • 目次

    はじめに…枝村純郎/黎明期の戦後外交と私(京都での学生時代/外務省に入る/スペイン語研修から北米課長就任まで)/沖縄返還問題への取り組み(「ポトマック河を渡れ」/沖縄返還をどうイシューにしていくか/二度目の佐藤総理訪米)/「福田ドクトリン」―理念主導の対ASEAN外交(ASEANと向き合う/マニラ・スピーチ作成の経緯/時の試練に耐えた「福田ドクトリン」)以下細目略/フォークランド紛争における日本の対応/アサハン・アルミ対日輸出停止問題/激動のなかのソ連―一九九〇―九一年/新生ロシアと向き合う―一九九一―九四年/北方領土交渉と情報操作/尖閣問題―国際広報は安全保障の一環/解説…中島?磨/関連略年譜
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    枝村 純郎(エダムラ スミオ)
    1932年、京都府生まれ。1952年、京都大学法学部中退。元駐ロシア大使 ※2016年10月現在 【主要著書】『帝国解体前後―駐モスクワ日本大使の回想 1990~1994―』都市出版、1997年

    中島 琢磨(ナカシマ タクマ)
    1976年、長崎県に生まれる。1999年、鹿児島大学法文学部卒業。2004年、九州大学大学院法学府博士後期課程単位取得退学。現在、龍谷大学法学部准教授、博士(法学) ※2016年10月現在 【主な編著書】栗山尚一/中島琢磨・服部龍二・江藤名保子編『外交証言録 沖縄返還・日中国交正常化・日米「密約」』(岩波書店、2010年) 「1967年11月の佐藤訪米と沖縄返還をめぐる日米交渉」『年報政治学 2009-I』2009年6月 『高度成長と沖縄返還』(吉川弘文館、2012年)

    昇 亜美子(ノボリ アミコ)
    1972年、神奈川県生まれ。2004年、慶應義塾大学法学研究科単位取得退学、博士(法学)現在、政策研究大学院大学客員研究員 ※2016年10月現在 【主要論文】「ポスト・ベトナム期の東南アジア秩序と日本外交」(添谷芳秀編著『秩序変動と日本外交』慶應義塾大学出版会、2016年)
  • 出版社からのコメント

    モスクワに駐在した元大使の回想。沖縄返還、フォークランド紛争、ソ連崩壊などを振り返る。北方領土や尖閣諸島などについても提言。
  • 内容紹介

    ソ連が崩壊してロシアが独立した激動の時代にモスクワで大使を務めた元外交官の回想。沖縄返還交渉、対ASEAN政策、フォークランド紛争など自らがかかわった戦後外交交渉を振り返り、スハルト・ゴルバチョフ・エリツィンなど任国首脳との信頼関係の構築についても語る。北方領土交渉や尖閣諸島など、いまなお続く外交問題に関しても提言する。
  • 著者について

    枝村 純郎 (エダムラ スミオ)
    1932年、京都府生まれ。1952年、京都大学法学部中退。元駐ロシア大使 ※2016年10月現在【主要著書】『帝国解体前後―駐モスクワ日本大使の回想 1990~1994―』都市出版、1997年

    中島 琢磨 (ナカシマ タクマ)
    1976年、長崎県に生まれる。1999年、鹿児島大学法文学部卒業。2004年、九州大学大学院法学府博士後期課程単位取得退学。現在、龍谷大学法学部准教授、博士(法学) ※2016年10月現在【主な編著書】栗山尚一/中島琢磨・服部龍二・江藤名保子編『外交証言録 沖縄返還・日中国交正常化・日米「密約」』(岩波書店、2010年) 「1967年11月の佐藤訪米と沖縄返還をめぐる日米交渉」『年報政治学 2009―Ⅰ』2009年6月 『高度成長と沖縄返還』(吉川弘文館、2012年)

    昇 亜美子 (ノボリ アミコ)
    1972年、神奈川県生まれ。2004年、慶應義塾大学法学研究科単位取得退学、博士(法学)現在、政策研究大学院大学客員研究員 ※2016年10月現在【主要論文】「ポスト・ベトナム期の東南アジア秩序と日本外交」(添谷芳秀編著『秩序変動と日本外交』慶應義塾大学出版会、2016年)

外交交渉回想―沖縄返還・福田ドクトリン・北方領土 の商品スペック

商品仕様
出版社名:吉川弘文館
著者名:枝村 純郎(著)/中島 琢磨(編)/昇 亜美子(編)
発行年月日:2016/11/01
ISBN-10:4642038582
ISBN-13:9784642038584
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:303ページ
縦:22cm
他の吉川弘文館の書籍を探す

    吉川弘文館 外交交渉回想―沖縄返還・福田ドクトリン・北方領土 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!