聖地巡礼 リターンズ―長崎、隠れキリシタンの里へ! [単行本]
    • 聖地巡礼 リターンズ―長崎、隠れキリシタンの里へ! [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002673114

聖地巡礼 リターンズ―長崎、隠れキリシタンの里へ! [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:東京書籍
販売開始日: 2016/11/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

聖地巡礼 リターンズ―長崎、隠れキリシタンの里へ! の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1日目 長崎とキリシタン(長崎とキリシタン;春徳寺(トードス・オス・サントス教会跡);当時の岬の突端まで歩く(サント・ドミンゴ教会跡資料館) ほか)
    2日目 隠れキリシタンの里へ(外海へと向かう;サン・ジワン枯松神社;カトリック黒崎教会と遠藤周作 ほか)
    3日目 京都と大阪のキリシタン(京都・大阪とキリシタン(バスの中で);二十六聖人の足跡(二十六聖人発祥の地と一条戻橋);西ノ京ダイウス町を歩く(椿寺) ほか)
  • 出版社からのコメント

    内田樹・釈徹宗の二人が,日本各地の霊性を再発見する好評「聖地巡礼」シリーズ第3弾。今回のテーマは「日本人とキリスト教」。
  • 内容紹介

    内田樹・釈徹宗の二人が,自らの足で歩き,立ち止まり,心ふるわせ,日本各地の霊性を再発見する好評シリーズ「聖地巡礼」。

    第1弾「大阪・京都・奈良」,第2弾「熊野」につづく,待望の第3弾は「長崎・京都・大阪」。
    テーマは日本人とキリスト教。
    日本人にとってキリスト教は,いかなる宗教であったのか。
    キリスト教はどのように受容され,またなぜ広まることがなかったのか。
    長崎に聖地をもとめた内田樹・釈徹宗が見出したものは何であったのか。
    今回の巡礼は,1549年,フランシスコ・ザビエルの鹿児島上陸の話から,始まった。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    内田 樹(ウチダ タツル)
    1950年東京生まれ。思想家・武道家。神戸女学院大学名誉教授。専門はフランス現代思想、武道論、教育論など。現在、神戸市で武道と哲学のための学塾「凱風館」を主宰している

    釈 徹宗(シャク テッシュウ)
    1961年大阪府生まれ。浄土真宗本願寺派・如来寺住職。相愛大学教授。専門は比較宗教思想。特定非営利活動法人リライフ代表。私塾「練心庵」も主宰している。論文「不干斎ハビアン論」で第5回涙骨賞受賞

聖地巡礼 リターンズ―長崎、隠れキリシタンの里へ! の商品スペック

商品仕様
出版社名:東京書籍
著者名:内田 樹(著)/釈 徹宗(著)
発行年月日:2016/12/01
ISBN-10:4487808413
ISBN-13:9784487808410
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:301ページ
縦:19cm
他の東京書籍の書籍を探す

    東京書籍 聖地巡礼 リターンズ―長崎、隠れキリシタンの里へ! [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!