中央銀行は持ちこたえられるか―忍び寄る「経済敗戦」の足音(集英社新書) [新書]
    • 中央銀行は持ちこたえられるか―忍び寄る「経済敗戦」の足音(集英社新書) [新書]

    • ¥83626ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002676819

中央銀行は持ちこたえられるか―忍び寄る「経済敗戦」の足音(集英社新書) [新書]

  • 3.5
価格:¥836(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日: 2016/11/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

中央銀行は持ちこたえられるか―忍び寄る「経済敗戦」の足音(集英社新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    今や政府の債務残高は一二〇〇兆円を超え、名目GDP比の二五〇パーセントに迫る勢いだ。その増加傾向にブレーキはかからず、安倍政権が目標とする「二〇二〇年プライマリー・バランス黒字化」の目途はまったく立っていない。増え続ける巨大債務を抱えながらも「デフレ脱却」を至上命題として、掟破りの異次元緩和と“事実上の財政ファイナンス”に邁進する政府・日銀。しかし、成果は一向に上がらず、もはや「出口」の見えない展開に突入しつつある。このまま行けば遠くない将来、日銀の政策運営が制御不能となる日が必ず来る。その時、われわれ国民を襲う悲劇的な結末とは!?恐るべき警告の書。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 わが国の政策運営の油断と慢心
    第2章 「財政危機」のあり得るシナリオ
    第3章 欧米諸国と日本「財政・金融政策」比較
    第4章 金融危機後の「金利ゼロ」の世界と「量的緩和」
    第5章 中央銀行は持ちこたえられるか
    第6章 財政破綻のリアル1―欧州債務危機の経験から
    第7章 財政破綻のリアル2―戦後日本の経験から
    第8章 蓄積され続けるリスクと遠のく正常化
    第9章 なぜ掟破りの政策運営は“放置”されてきたか
    第10章 子どもたちの将来への責任
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    河村 小百合(カワムラ サユリ)
    エコノミスト。株式会社日本総合研究所調査部上席主任研究員。1988年に京都大学法学部を卒業後、日本銀行を経て現職。内閣官房行政改革推進会議民間議員、国税庁国税審議会委員、厚生労働省社会保障審議会委員などを歴任
  • 内容紹介

    1000兆円を超え、増え続ける巨額債務を抱えながら、デフレ脱却を至上命題に異次元緩和を続ける政府・日銀。成果は一向に上がらず、もはや「出口」の見えない政策運営の先に待つ悲劇的シナリオとは!?

中央銀行は持ちこたえられるか―忍び寄る「経済敗戦」の足音(集英社新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:河村 小百合(著)
発行年月日:2016/11/22
ISBN-10:4087208583
ISBN-13:9784087208580
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:経済・財政・統計
言語:日本語
ページ数:258ページ
縦:18cm
他の集英社の書籍を探す

    集英社 中央銀行は持ちこたえられるか―忍び寄る「経済敗戦」の足音(集英社新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!