哭きの竜<5>(コミック文庫(青年)) [文庫]
    • 哭きの竜<5>(コミック文庫(青年)) [文庫]

    • ¥88027ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年5月11日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002678600

哭きの竜<5>(コミック文庫(青年)) [文庫]

価格:¥880(税込)
ポイント:27ポイント(3%還元)(¥27相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年5月11日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2016/12/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

哭きの竜<5>(コミック文庫(青年)) [文庫] の 商品概要

  • 内容紹介

    みっつさらせば・・・地獄が見える

    鳴くと必ず和了る男がいる。名前は竜。
    鳴くことで運を引き寄せ、勝負に勝つ。
    そんな竜の強運を手に入れようとする男たちがいた。

    関東一円に勢力を持つ東日本最大の広域暴力団、
    桜道会会長・桜田道造、系列の甲斐組組長・甲斐正三、
    甲斐組二代目組長・石川喬、西の首領・海東武を狙った本宮春樹・・・・・・
    竜の前を通り過ぎ、死んでいった男たち。

    甲斐組若頭・外田裕二は、混乱を収めるため
    本宮秋生の舎弟だった三上信也を、石川喬の影武者に
    仕立てたが・・・策士・外田裕二の思惑を超えて
    自分の意志で動き出す三上信也。
    本宮秋生の可愛がっていた裏雀士・雨宮賢も加わり、
    外田は、竜に生死を賭けた勝負を仕掛けるが・・・・・・!?


    【編集担当からのおすすめ情報】
    ひとつさらせば自分をさらす
    ふたつさらせば全てが見える
    みっつさらせば・・・地獄が見える
    見える見える――――堕ちる様
    裏雀士・雨宮賢の名台詞が印象に残る
    生死を賭けた麻雀を、堪能してください。

哭きの竜<5>(コミック文庫(青年)) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:能條 純一(著)
発行年月日:2016/12
ISBN-10:4091960871
ISBN-13:9784091960870
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:コミック・劇画
言語:日本語
ページ数:356ページ
縦:16cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 哭きの竜<5>(コミック文庫(青年)) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!