雪ふる夜の奇妙な話―ようかいろく(妖会録) [絵本]
    • 雪ふる夜の奇妙な話―ようかいろく(妖会録) [絵本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月21日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
雪ふる夜の奇妙な話―ようかいろく(妖会録) [絵本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009002685580

雪ふる夜の奇妙な話―ようかいろく(妖会録) [絵本]

  • 3.0
価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月21日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ロクリン社
販売開始日: 2016/11/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

雪ふる夜の奇妙な話―ようかいろく(妖会録) [絵本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    妖怪に出会ってしまった、記録の書。「わたしといっしょに来て下さい」真夜中、枕元に現れた不思議な男。しんしん雪が降りつづける中、男に誘われるままハナコは山へと入って行った。冬の山で遭遇する奇天烈な妖怪たち。夢か現か幻か、ハナコを覆う奇妙な出来事。
  • 内容紹介

    光と影、モノクロで描かれた妖怪絵本。

    全ページ、鉛筆を駆使したモノクロの世界で表現された作品。
    一見おどろおどろしくみえますが、どことなく滑稽で、また不思議な美しさを漂わせています。

    【あらすじ】
    「わたしといっしょに来て下さい」真夜中、枕元に現れた不思議な男。
    しんしん雪が降りつづける中、男に誘われるままハナコは山へと入って行った。
    冬の山で遭遇する奇天烈な妖怪たち。夢か現か幻か、ハナコを覆う奇妙な出来事。

    妖怪に、出会ってしまった、記録の書。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大野 隆介(オオノ リュウスケ)
    1970年、東京生まれ。グラフィックデザイナー。装丁家の辻村益朗氏に師事し、デザインを学ぶ。絵本、書籍などの装丁、デザインを数多く手がけている。『夜の神社の森のなか』(ロクリン社)は、第50回造本装幀コンクールで日本書籍出版協会理事長賞を受賞した

雪ふる夜の奇妙な話―ようかいろく(妖会録) [絵本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:ロクリン社
著者名:大野 隆介(作)
発行年月日:2016/11/25
ISBN-10:4907542364
ISBN-13:9784907542368
判型:規大
対象:児童
発行形態:絵本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:1冊
縦:31cm
横:22cm
厚さ:1cm
重量:440g
他のロクリン社の書籍を探す

    ロクリン社 雪ふる夜の奇妙な話―ようかいろく(妖会録) [絵本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!