象の白い脚(P+D BOOKS) [単行本]
    • 象の白い脚(P+D BOOKS) [単行本]

    • ¥71522ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002686603

象の白い脚(P+D BOOKS) [単行本]

価格:¥715(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2017/01/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

象の白い脚(P+D BOOKS) [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    時は1969年、ラオスの首都・ビエンチャン。そこでは米国CIAと現地の特権階級とが結託してアンタッチャブルな麻薬取引が行われている、と噂されていた。そのビエンチャンへ単身乗り込んだ主人公・谷口の目を通し、筆者は、その闇に大胆なペンの戦いを挑む。「日本の黒い霧」ならぬ「インドシナの黒い霧」の実相を、小説の形式で解明、暴露してみせた松本清張“会心の一作”。
  • 内容紹介

    インドシナ麻薬取引の”黒い霧”に迫る力作

    時は1969年、ラオスの首都・ビエンチャン。そこでは米国CIAと現地の特権階級とが結託してアンタッチャブルな麻薬取引が行われている、と噂されていた。そのビエンチャンへ単身乗り込んだ主人公・谷口の目を通し、筆者は、その闇に大胆なペンの戦いを挑む。

    「日本の黒い霧」ならぬ「インドシナの黒い霧」の実相を、小説の形式で解明、暴露してみせた松本清張”会心の一作“。


    図書館選書
    時は1969年、ラオスの首都・ビエンチャン。そこでは米国CIAと現地の特権階級とが結託してアンタッチャブルな麻薬取引が行われている、と噂されていた。「インドシナの黒い霧」の実相に迫った”会心の一作“。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    松本 清張(マツモト セイチョウ)
    1909年(明治42年)12月21日‐1992年(平成4年)8月4日、享年82。福岡県出身。1953年に『或る「小倉日記」伝』で第28回芥川賞を受賞

象の白い脚(P+D BOOKS) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:松本 清張(著)
発行年月日:2017/01/15
ISBN-10:4093522936
ISBN-13:9784093522939
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:386ページ
縦:19cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 象の白い脚(P+D BOOKS) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!