立川志らく まくらコレクション―生きている談志(竹書房文庫) [文庫]
    • 立川志らく まくらコレクション―生きている談志(竹書房文庫) [文庫]

    • ¥88053ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月17日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002688460

立川志らく まくらコレクション―生きている談志(竹書房文庫) [文庫]

  • 評価をお待ちしています!
価格:¥880(税込)
ポイント:53ポイント(6%還元)(¥53相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月17日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日: 2016/11/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

立川志らく まくらコレクション―生きている談志(竹書房文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    落語立川流に禁句は無い!落語界の風雲児“立川談志”から、「落語家の中で才能ならば志らくが一番」と評された志らくが“まくら”で語った談志論が文庫で味わえる!談志の逸話を語らせたら、落語家の中で一番面白く聴かせる“立川志らく”が、厳しい修行生活の思い出を通じて、師匠・立川談志の生き様と、己の落語哲学をたっぷり語ります。前座時代の苦い酒の思い出、兄弟子の著書『赤めだか』の真相、談志が可愛がっていた縫いぐるみを苛めた冤罪の破門騒動、声を失った師匠を見舞った日、そして散骨の様子等々、「立川志らく」の話芸にかかると、談志の生き様と死に様がたまらなく面白い。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    前座時代の苦い酒
    江戸っ子の了見
    談志の好きなものを好きになる
    『落語のピン』と『志らくのピン』
    骨壷とライ坊
    若き日の談志、十八番
    立川談志は、昔の日本人
    志らく視線の『赤めだか』
    一番怖い思いをした夜
    ロックと落語のコラボ〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    立川 志らく(タテカワ シラク)
    落語家、映画監督(日本映画監督協会所属)、映画評論家、昭和歌謡博士、劇団主宰、TVコメンテーターと幅広く活動。本名:新間一弘(しんまかずひろ)。1963年8月16日生まれ、東京都出身。1985年10月立川談志に入門。1988年二つ目昇進、1995年真打昇進。現在弟子20人を超える大所帯

立川志らく まくらコレクション―生きている談志(竹書房文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:立川 志らく(著)
発行年月日:2016/11/24
ISBN-10:4801909159
ISBN-13:9784801909151
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:諸芸・娯楽
ページ数:249ページ
縦:15cm
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 立川志らく まくらコレクション―生きている談志(竹書房文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!