内的時間意識の現象学(ちくま学芸文庫) [文庫]
    • 内的時間意識の現象学(ちくま学芸文庫) [文庫]

    • ¥1,87057ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002689010

内的時間意識の現象学(ちくま学芸文庫) [文庫]

価格:¥1,870(税込)
ポイント:57ポイント(3%還元)(¥57相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日: 2016/12/09
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

内的時間意識の現象学(ちくま学芸文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    現代哲学、思想、そして科学にも大きな影響を及ぼしている名著の新訳。フッサールの現象学はなによりも学問の基礎づけを目指すが、その際「いちばん根底に横たわる」問題が時間である。時間は一瞬で流れ去るのに、多くのものはなぜ持続的に「存在する」ということが可能なのか。フッサールは、「客観的時間」というものへの信憑を括弧に入れて、それが意識のなかでどのように構成されるのかを解明する。そして、時間を構成する意識それ自体が時間のなかに現れてくるという根本的な事態に光を当て、「意識の壮大な生体解剖」を行う。詳密な訳註と解説を付し、初心者の理解を助ける。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 一九〇五年の内的時間意識についての諸講義(序論
    ブレンターノによる時間の根源についての学説
    時間意識の分析
    時間の構成と時間客観の構成)
    第2部 一九〇五‐一九一〇年の時間意識の分析への追記と補足(原印象とその“諸変様の連続体”
    準現在化と空想―印象と想像
    知覚と想起との繋がり志向―時間意識の諸様態
    再想起と、時間客観および客観的時間の構成
    知覚と知覚されるものとの同時性 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    フッサール,エトムント(フッサール,エトムント/Husserl,Edmund)
    1859‐1938。ドイツの哲学者。現象学を創始し、「厳密な学としての哲学」を構築する。現象学の理念は、ハイデガー、サルトル、メルロ=ポンティなどに継承され、現代思想の諸潮流に計り知れない影響を与え続けている

    谷 徹(タニ トオル)
    1954年生まれ。立命館大学文学部教授、間文化現象学研究センター長。現象学と現代哲学を研究
  • 出版社からのコメント

    時間は意識のなかでどのように構成されるのか。哲学・思想・科学に大きな影響を及ぼしている名著の新訳。詳密な訳注を付し、初学者の理解を助ける。

内的時間意識の現象学(ちくま学芸文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:エトムント フッサール(著)/谷 徹(訳)
発行年月日:2016/12/10
ISBN-10:4480097686
ISBN-13:9784480097682
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:667ページ ※662,5P
縦:15cm
その他: 原書名: Zur Ph¨anomenologie des innern Zeitbewusstseins〈Husserl,Edmund〉
他の筑摩書房の書籍を探す

    筑摩書房 内的時間意識の現象学(ちくま学芸文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!