家康 (一)自立篇 [単行本]
    • 家康 (一)自立篇 [単行本]

    • ¥1,83656ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年9月21日土曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002692340

家康 (一)自立篇 [単行本]

価格:¥1,836(税込)
ポイント:56ポイント(3%還元)(¥56相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年9月21日土曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日:2016/12/22
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 86046位

家康 (一)自立篇 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    孤独と敗北を知り、男は見果てぬ夢の為に立つ……。直木賞作家が熾烈な男の人生を描く、大河小説第一弾!!

    戦国時代はただの権力・領地争いにあらず、経済の覇者にならんとした争いだった。――今川義元の元で人質として忍従の日々を過ごしていた松平元康。しかし、桶狭間の戦いにおいて義元が織田信長に討たれると、その混乱に乗じて岡崎城へ入城し今川氏と決別。信長と清洲同盟を結ぶ。その後、名を徳川家康に改め、信長の盟友として、三河国・遠江国に版図を広げていく。だが、その先には宿敵・武田信玄との壮絶な戦が待ち伏せていた……。ここに描かれたのは、《徳川家康》の真の姿である。全五巻構想、大河小説第一弾!!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    安部 龍太郎(アベ リュウタロウ)
    1955年福岡県生まれ。久留米高専卒業。90年『血の日本史』でデビュー。2005年『天馬、翔ける』で第11回中山義秀文学賞を、13年『等伯』で第148回直木賞を受賞

家康 (一)自立篇 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:安部 龍太郎(著)
発行年月日:2016/12/20
ISBN-10:4344030516
ISBN-13:9784344030510
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
ページ数:453ページ
縦:20cm

    幻冬舎 家康 (一)自立篇 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!