人麻呂のこころと時代を詠む 改訂版;第2版 [単行本]
    • 人麻呂のこころと時代を詠む 改訂版;第2版 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年5月27日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002701000

人麻呂のこころと時代を詠む 改訂版;第2版 [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年5月27日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:牧歌舎
販売開始日: 2016/11/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

人麻呂のこころと時代を詠む 改訂版;第2版 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    人麻呂の憤りを…不比等との軋轢を詠み取ろう。既存の注釈書とは全く異なった切り口で語られる人麻呂歌。既存の注釈書には語られない時代の権力者に歌で対峙する。既存の注釈書では知り得ない人麻呂の真の心を把握。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 怨霊鎮めのための人麻呂神社
    第2章 「雪・驪」と「白フクロウ」(天武天皇
    五百重娘の子誕生
    人麻呂がフクロウの子を詠う
    信濃で離宮建設のための宮地を探す
    天武薨去と大津皇子の賜死
    日並皇子殯宮時の人麻呂作歌について)
    第3章 「玉藻刈」と表記の問題(持統帝誕生
    玉藻刈
    藤原不比等
    大津皇子「今日のみ見てや」
    大津皇子のための『鎮魂歌』
    草壁皇子・高市皇子の不思議)
    第4章 「羇」は「自由にならない身」の意(不比等と県橘三千代
    三野王の人となりを歌に
    三野王挽歌
    ほのお・羇・沾衣と杏人)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    寺島 利尚(テラシマ トシナオ)
    長野県出身。昭和12年2月22日生。23歳より15年間証券界在籍。学習塾・予備校開設後、万葉集ほか古典弦誦。元目白学園女子短期大学(現目白大)国語国文科講師11年間。元横浜山手女子中学高等学校顧問(講師派遣6年間)。他校にも講師派遣

人麻呂のこころと時代を詠む 改訂版;第2版 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:牧歌舎
著者名:寺島 利尚(著)
発行年月日:2016/11/15
ISBN-10:4434226894
ISBN-13:9784434226892
判型:B6
発売社名:星雲社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学詩歌
ページ数:276ページ
縦:19cm
他の牧歌舎の書籍を探す

    牧歌舎 人麻呂のこころと時代を詠む 改訂版;第2版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!