翻訳というおしごと [単行本]
    • 翻訳というおしごと [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年8月20日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002701877

翻訳というおしごと [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年8月20日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:アルク
販売開始日: 2016/12/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

翻訳というおしごと [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「外国語を生かせる仕事」として、根強い人気を誇る翻訳業。そもそも翻訳とは、どんな仕事なのか。そして、これからの翻訳者には何が求められるのか。実務、映像、出版の翻訳者一〇人にインタビューを重ね、浮かび上がってきた「翻訳というおしごと」の現在と未来を、鮮やかにえがく。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 翻訳業界のしくみ(意外に知られていない「翻訳のおしごと」の実態
    実務、映像、出版の三分野
    実務翻訳とは? ほか)
    第2章 「三つの呪縛」を解き放つ(翻訳者志望者からよく尋ねられる三タイプの質問
    一つ目の呪縛:「語学力」の呪縛
    二つ目の呪縛:「過信」の呪縛 ほか)
    第3章 明日も翻訳者として輝くために(翻訳者としての「働き方」と「意識」を変える
    在宅勤務のメリットを最大限に享受するためには?
    意識を変えることの大切さ ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    実川 元子(ジツカワ モトコ)
    1954年兵庫県生まれ。上智大学外国語学部フランス語学科卒。アパレル会社勤務を経て、1991年に翻訳者/ライターとして独立

翻訳というおしごと [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:アルク
著者名:実川 元子(著)
発行年月日:2016/12/06
ISBN-10:475742860X
ISBN-13:9784757428607
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:語学総記
言語:日本語
ページ数:250ページ
縦:19cm
他のアルクの書籍を探す

    アルク 翻訳というおしごと [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!