江戸の家計簿 [新書]
    • 江戸の家計簿 [新書]

    • ¥88027ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年4月3日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002709449

江戸の家計簿 [新書]

価格:¥880(税込)
ポイント:27ポイント(3%還元)(¥27相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年4月3日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:宝島社
販売開始日: 2017/01/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

江戸の家計簿 [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    奉行の年収3億円、卵1個316円、4畳1K家賃が月4875円――武士や町人の生活を、物価や収入からひもとき、イラストや写真などのビジュアルでわかりやすく紹介します。江戸時代の人々の懐事情が見えてくることで、時代小説が今よりずっと面白くなることうけあいです。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    まえがき 江戸時代の貨幣制度とは
    第1章 江戸時代の収入1 武士篇
    特別インタビュー あさのあつこ(作家) 時代小説を読む楽しみ、書く楽しみ
    第2章 江戸時代の収入2 農民・町人篇
    第3章 江戸時代の物価1 食品篇
    特別インタビュー 宮坂正英(シーボルト研究者) シーボルトが記録した江戸時代の物価
    第4章 江戸時代の物価2 料理・嗜好品・雑貨篇
    特別インタビュー 小泉武夫(醗酵学者) 江戸時代に開花した日本の発酵食品
    第5章 江戸の文化と経済
    特別インタビュー 北原進(歴史学者)消費都市・江戸の生活と経済
    あとがきにかえて―江戸時代のお金と現代日本
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    磯田 道史(イソダ ミチフミ)
    1970年、岡山県生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(史学)。茨城大学准教授を経て、2012年4月より静岡文化芸術大学准教授、2014年4月より同教授、2016年4月より国際日本文化研究センター准教授

江戸の家計簿 [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:宝島社
著者名:磯田 道史(監修)
発行年月日:2017/01/24
ISBN-10:4800263360
ISBN-13:9784800263360
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本歴史
ページ数:189ページ
縦:18cm
他の宝島社の書籍を探す

    宝島社 江戸の家計簿 [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!