終末期医療を考えるために―検証 オランダの安楽死から [単行本]

販売休止中です

    • 終末期医療を考えるために―検証 オランダの安楽死から [単行本]

    • ¥2,86086ポイント(3%還元)
100000009002709825

終末期医療を考えるために―検証 オランダの安楽死から [単行本]

盛永 審一郎(著)ベイツ 裕子(編集協力)
価格:¥2,860(税込)
ポイント:86ポイント(3%還元)(¥86相当)
日本全国配達料金無料
出版社:丸善出版
販売開始日: 2016/12/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

終末期医療を考えるために―検証 オランダの安楽死から の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    耳鳴りによる耐えがたい苦痛から安楽死を望み永眠した女性のケースは、安楽死が法律で認められているオランダで、その根底にある問題を象徴する出来事であった―患者の死ぬ権利、医師の側における死の介助を拒否する権利など、さまざまな見地から検討されてきたオランダの安楽死法制定に至る背景を検証することによって、生命終結のありかたをめぐって揺れるわが国の終末期医療のあるべき姿を考える。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 オランダ安楽死の現状―二つの委員会報告
    第2章 オランダ安楽死法の原理
    第3章 安楽死審査委員会
    第4章 家庭医制度―信頼性と安楽死クリニック
    第5章 オランダにおける現在の課題
    第6章 耳鳴りのケースの裁定
    第7章 「華ちゃんのケース」との比較
    エピローグ―「人生の終焉」法
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    盛永 審一郎(モリナガ シンイチロウ)
    富山大学名誉教授。1948年生まれ、東北大学大学院文学研究科博士課程中退。研究テーマは実存倫理学、応用倫理学

    ベイツ 裕子(ベイツ ヒロコ)
    山口大学医療技術短期大学部卒業。1991年よりオランダ在住。2010年より、アムステルランド病院ジャパンデスクに勤務。2011年個人会社を立ち上げ、(医療)通訳、翻訳に従事

終末期医療を考えるために―検証 オランダの安楽死から の商品スペック

商品仕様
出版社名:丸善出版
著者名:盛永 審一郎(著)/ベイツ 裕子(編集協力)
発行年月日:2016/12/10
ISBN-10:4621301144
ISBN-13:9784621301142
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:医学・薬学・歯学
ページ数:163ページ
縦:19cm
他の丸善出版の書籍を探す

    丸善出版 終末期医療を考えるために―検証 オランダの安楽死から [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!