考えるということ―知的創造の方法(河出文庫) [文庫]
    • 考えるということ―知的創造の方法(河出文庫) [文庫]

    • ¥96830ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002712820

考えるということ―知的創造の方法(河出文庫) [文庫]

価格:¥968(税込)
ポイント:30ポイント(3%還元)(¥30相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:河出書房新社
販売開始日:2017/01/07
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 169565位

考えるということ―知的創造の方法(河出文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    何を、いつ、どこで、いかに、なぜ考えるか―。考えることの基本から、書物の力を触媒として活用する実践例、そして、執筆過程の舞台裏まで。刺激的な著作を世に問い続ける知性が、知的創造の現場へと読者をいざなう。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 考えることの基本(何を思考するか
    いつ思考するか
    どこで思考するか
    いかに思考するか
    なぜ思考するか
    思想の不法侵入者)
    第1章 読んで考えるということ 社会科学篇
    第2章 読んで考えるということ 文学篇
    第3章 読んで考えるということ 自然科学篇
    終章 そして、書くということ
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大澤 真幸(オオサワ マサチ)
    1958年、長野県松本市生まれ。社会学者
  • 出版社からのコメント

    考えることの基本から説き起こし、社会科学、文学、自然科学という異なるジャンルの文献から思考をつむぐ実践例を展開。
  • 著者について

    大澤 真幸 (オオサワ マサチ)
    1958年生まれ。社会学者。『身体の比較社会学(Ⅰ・Ⅱ)』『虚構の時代の果て』『文明の内なる衝突』『不可能性の時代』『ナショナリズムの由来』『生きるための自由論』など。

考えるということ―知的創造の方法(河出文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:河出書房新社
著者名:大澤 真幸(著)
発行年月日:2017/01/20
ISBN-10:4309415067
ISBN-13:9784309415062
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:308ページ
縦:15cm
その他:『思考術』改題書

    河出書房新社 考えるということ―知的創造の方法(河出文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!