沖縄vs.安倍政権―沖縄はどうすべきか [単行本]
    • 沖縄vs.安倍政権―沖縄はどうすべきか [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年1月22日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002714553

沖縄vs.安倍政権―沖縄はどうすべきか [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年1月22日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:高文研
販売開始日: 2016/12/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

沖縄vs.安倍政権―沖縄はどうすべきか [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    再び沖縄を戦場にしないため、沖縄の未来を切り拓くため、安倍政権に対する積極的「反対」の姿勢の継続を説く!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 転換期の沖縄問題(辺野古新基地反対運動の高まり
    日米の沖縄少数民族論
    在沖海兵隊の抑止力
    安倍政権の安全保障政策)
    第2章 中国の台頭とソフト・パワー(パワー・シフト論
    中国の夢
    米中で世界を仕切る「G2」体制樹立の挫折
    世界戦略の転換―AIIBとシルクロードの経済構想
    中国のソフト・パワー)
    第3章 アメリカの対中政策と安倍外交(アメリカのアジア・太平洋リバランス
    安倍外交
    アメリカの対日、対韓政策
    リバランス政策と安倍外交の非整合性)
    第4章 沖縄の現状(自己決定権の主張
    辺野古埋め立て承認取り消しと裁判
    国・県の和解提案
    強硬政策への転換
    日米の共同訓練と自衛隊の「南西シフト」)
    結論―沖縄はどうすべきか
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    宮里 政玄(ミヤザト セイゲン)
    1931年、沖縄県今帰仁村に生まれる。専門は、アメリカ外交史、日米関係。琉球大学教授、国際大学教授、獨協大学教授を経て、現在、沖縄対外問題研究会顧問を務める。著書:『日米関係と沖縄1945‐1972』(岩波書店2000年“第29回伊波普猷賞”)ほか多数

沖縄vs.安倍政権―沖縄はどうすべきか [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:高文研
著者名:宮里 政玄(著)
発行年月日:2016/12/20
ISBN-10:4874986080
ISBN-13:9784874986080
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:127ページ
縦:19cm
他の高文研の書籍を探す

    高文研 沖縄vs.安倍政権―沖縄はどうすべきか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!