戦争を始めるのは誰か―歴史修正主義の真実(文春新書) [新書]
    • 戦争を始めるのは誰か―歴史修正主義の真実(文春新書) [新書]

    • ¥1,21037ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002716723

戦争を始めるのは誰か―歴史修正主義の真実(文春新書) [新書]

  • 5.0
価格:¥1,210(税込)
ポイント:37ポイント(3%還元)(¥37相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日: 2017/01/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

戦争を始めるのは誰か―歴史修正主義の真実(文春新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「歴史修正主義」とは、戦前の日独をことさら評価する史観ではない。米英両国の外交に過ちはなかったのか、あったとすれば何が問題だったのか、それを真摯に探ろうとする歴史観だ。英米露独の外交と内政を徹底検証し、二つの世界大戦が実は「必要」も「理由」もない戦争だったことを明かす。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 第一次世界大戦の真実
    第2章 第一次世界大戦後の歴史解釈に勝利した歴史修正主義
    第3章 ドイツ再建とアメリカ国際法務事務所の台頭
    第4章 ルーズベルト政権の誕生と対ソ宥和外交の始まり
    第5章 イギリスの思惑とヒトラー
    第6章 ヒトラーの攻勢とルーズベルト、チェンバレン、そしてチャーチル
    第7章 ヒトラーのギャンブル
  • 出版社からのコメント

    二つの世界大戦は必要も理由もない戦争だった。戦後の「公式」の歴史観は、その「必要」や「理由」をいかにでっち上げたか。
  • 内容紹介

    二つの世界大戦は必要のない戦争だった。とくに第二次大戦は、チャーチルとルーズベルトがいなければ起らなかった――。
    本来の「歴史修正主義」とは、戦前の日独を全面肯定する歴史観のことではありません。米英の外交に過ちはなかったのか、あったとすれば何が問題だったのか、それを真摯に探る歴史観のことです。
    「公式の歴史」では、ベルサイユ体制と国際連盟体制を破壊した枢軸国(日独伊)の他国への侵略が第二次大戦の原因と説明されますが、実は英米参戦の「必要」や「理由」は後からでっち上げられました。「ヒトラーはどん底のドイツ経済を立て直した」「オーストリア国民はドイツへの併合を熱烈に歓迎した」「借金に追われていたチャーチルにとって、ナチス台頭は絶好のチャンスとなった」などと、本当のことを言ってしまうと、連合国が作り上げた戦後体制の正当性が崩れてしまうのです。
    戦争を始めるのは誰か?――本書は、二つの世界大戦の真実に迫ります。

    キーワード:第一次世界大戦、第二次世界大戦、歴史修正主義、歴史解釈、戦勝国、連合国、ヒトラー、スターリン、チェンバレン、フーバー、東京裁判、ナチス、モンロー主義、孤立主義、真珠湾攻撃、ユダヤ人、ホロコースト、スペイン内戦、満州事変、東西冷戦
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    渡辺 惣樹(ワタナベ ソウキ)
    日米近現代史研究家。1954年生まれ。静岡県下田市出身。東京大学経済学部卒業。カナダ・バンクーバー在住。英米史料をもとに開国以降の日米関係を新たな視点から研究

戦争を始めるのは誰か―歴史修正主義の真実(文春新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:渡辺 惣樹(著)
発行年月日:2017/01/20
ISBN-10:4166611135
ISBN-13:9784166611133
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:外国歴史
言語:日本語
ページ数:326ページ
縦:18cm
他の文藝春秋の書籍を探す

    文藝春秋 戦争を始めるのは誰か―歴史修正主義の真実(文春新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!