差別されてる自覚はあるか―横田弘と青い芝の会「行動綱領」 [単行本]
    • 差別されてる自覚はあるか―横田弘と青い芝の会「行動綱領」 [単行本]

    • ¥2,42073ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002723617

差別されてる自覚はあるか―横田弘と青い芝の会「行動綱領」 [単行本]

価格:¥2,420(税込)
ポイント:73ポイント(3%還元)(¥73相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:現代書館
販売開始日:2017/01/28
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 352290位

差別されてる自覚はあるか―横田弘と青い芝の会「行動綱領」 の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    伝説・横田弘
    どんな「主語」で自分を語るか
    「横田弘」誕生
    「青い芝の会」誕生
    「行動綱領」誕生
    「行動綱領」の条文を読む
    生き延びるために「絶望」する
    「行動綱領」改訂される
    「脳性マヒ」に立ち帰れ
    「青い芝の会」と日本国憲法
    脳性マヒ者にとって「解放」とは何か?
    闘うのは「ありきたりなもの」のために
    人間・横田弘
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    荒井 裕樹(アライ ユウキ)
    1980年、東京都生まれ。2009年、東京大学大学院人文社会系研究科修了。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員、東京大学大学院人文社会系研究科付属次世代人文学開発センター特任研究員を経て、現在は二松學舎大学文学部専任講師。専門は障害者文化論・日本近現代文学
  • 出版社からのコメント

    1970~80年代の障害者運動を牽引し健全者社会に鮮烈な批判を繰り広げた横田弘の思想と今日的な意義を追究。中島岳志さん推薦。
  • 著者について

    荒井裕樹 (アライユウキ)
    1980年東京都生まれ。2009年東京大学大学院人文社会系研究科終了。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員、東京大学大学院人文社会系研究科付属次世代人文学開発センター特任研究員を経て、現在、二松學舍大学文学部専任講師。専門は障害者文化論・日本近現代文学。著書『生きていく絵―アートが人を〈癒す〉とき』(亜紀書房、2013年9月)、『隔離の文学―ハンセン病療養所の自己表現史』(単著、書肆アルス、2011年12月)『障害と文学―「しののめ」から「青い芝の会」へ』(現代書館、2011年2月)がある。。

差別されてる自覚はあるか―横田弘と青い芝の会「行動綱領」 の商品スペック

商品仕様
出版社名:現代書館
著者名:荒井 裕樹(著)
発行年月日:2017/01/25
ISBN-10:4768435521
ISBN-13:9784768435526
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:300ページ
縦:19cm

    現代書館 差別されてる自覚はあるか―横田弘と青い芝の会「行動綱領」 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!