近代日本の洋風建築 開化篇 [単行本]
    • 近代日本の洋風建築 開化篇 [単行本]

    • ¥4,180126ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月19日土曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002734452

近代日本の洋風建築 開化篇 [単行本]

価格:¥4,180(税込)
ポイント:126ポイント(3%還元)(¥126相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月19日土曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日:2017/02/22
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 255050位

近代日本の洋風建築 開化篇 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本近代建築史学に衝撃を与えた藤森論文の集大成!開化篇=お雇い外国人や擬洋風の大工の仕事から、辰野式の西洋館が日本各地に建造されるまで。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1(明治の都市と建築)
    2(明治の洋風建築
    ウォートルス、煉瓦街、そして銀座)
    3(コンドル―明治期における国家と一浪漫主義建築家
    絵師暁英と建築家コンドルの間
    国家のデザイン)
  • 出版社からのコメント

    文献学だった近代建築史に建物調査や関係者取材を加えたフジモリ流建築史。そのエッセンスを全2冊に。本書は西洋建築との出会い篇。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    藤森 照信(フジモリ テルノブ)
    1946年長野県茅野市生まれ。建築家、建築史家(専門分野は日本近現代建築史)。東北大学建築学科卒業後、東京大学大学院博士課程修了。東京大学生産技術研究所教授、工学院大学教授を経て、東京大学名誉教授、工学院大学特任教授、江戸東京博物館館長。74年、堀勇良らと建築探偵団を結成、やがて全国の研究者と共に各地に残る近代洋風建築の調査を行う。その過程で関東大震災後に多く建てられた一見洋風の店舗兼住宅に着目し「看板建築」と命名

近代日本の洋風建築 開化篇 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:藤森 照信(著)
発行年月日:2017/02/20
ISBN-10:4480873899
ISBN-13:9784480873897
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:建築
言語:日本語
ページ数:396ページ
縦:22cm

    筑摩書房 近代日本の洋風建築 開化篇 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!