龍馬の生きざま(実業之日本社文庫) [文庫]
    • 龍馬の生きざま(実業之日本社文庫) [文庫]

    • ¥71222ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002738905

龍馬の生きざま(実業之日本社文庫) [文庫]

末國 善己(編)安部 龍太郎(ほか著)隆 慶一郎(ほか著)
価格:¥712(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:実業之日本社
販売開始日:2017/02/03
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 347498位

龍馬の生きざま(実業之日本社文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    1867年、京の近江屋で暗殺された龍馬。尊皇攘夷の嵐が吹き荒れる幕末、いち早く海外貿易の重要性を指摘し、私設海軍にして貿易会社の海援隊を組織するなど、その先見性と行動力は評価され、今も人気を誇る。妻・お龍、姉・乙女、暗殺犯・今井信郎、人斬り以蔵らが見た、真実の姿とは。龍馬の生涯に新たな光を当てた、豪華作家陣が描く傑作歴史・時代作品集。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    坂本龍馬の写真(伴野朗);斬奸刀(安部龍太郎);乙女(阿井景子);うそつき小次郎と竜馬(津本陽);異説猿ヶ辻の変(隆慶一郎);竜馬殺し(大岡昇平);坂本龍馬の眉間(新宮正春);お龍(北原亞以子)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    安部 龍太郎(アベ リュウタロウ)
    1955~。福岡県出身。「師直の恋」でデビュー。1990年に発表した『血の日本史』で注目を集める。2004年『天馬、翔ける』で中山義秀文学賞、2013年『等伯』で直木賞を受賞

    隆 慶一郎(リュウ ケイイチロウ)
    1923~1989。脚本家を経て、1984年小説『吉原御免状』を発表。1989年『一夢庵風流記』で柴田錬三郎賞受賞

龍馬の生きざま(実業之日本社文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:実業之日本社
著者名:末國 善己(編)/安部 龍太郎(ほか著)/隆 慶一郎(ほか著)
発行年月日:2017/02/15
ISBN-10:440855345X
ISBN-13:9784408553450
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
ページ数:341ページ
縦:16cm
その他:坂本龍馬の写真,斬奸刀,乙女,うそつき小次郎と竜馬,異説猿ヶ辻の変 他

    実業之日本社 龍馬の生きざま(実業之日本社文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!