スープの国のお姫様(小学館文庫) [文庫]
    • スープの国のお姫様(小学館文庫) [文庫]

    • ¥73723ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002741779

スープの国のお姫様(小学館文庫) [文庫]

価格:¥737(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2017/03/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

スープの国のお姫様(小学館文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    元料理人の僕は、奇妙な仕事を紹介される。それは古い屋敷で、一人暮らしのマダムのために毎晩一杯のスープを作ること。報酬は破格だった。屋敷で、僕はマダムの孫娘の千和に出会う。両親を事故で失くした千和は心を閉ざしていたが、母の遺した料理本を愛読し、膨大な料理の知識をもっていた。幼い頃に母と離れ離れになった僕は、千和と心を通わせていく。無理難題のようなリクエストに隠された“謎”を解きながら、ついに僕はずっと探してきた「母の想い出のスープ」の手がかりを見つけるが…。悲しみから再生し、明日へと歩む力をくれる六皿のスープの物語。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    ポタージュ・ボンファム;ビールのスープ;ロートレックのスープ;偽ウミガメのスープ;せかい1おいしいスープ
  • 内容紹介

    謎解き×薀蓄が美味しい6皿のスープの物語

    元料理人の僕は、別れた恋人から奇妙な仕事を紹介される。それは、湘南に建つ古い屋敷で、一人暮らしの高齢のマダムのために、毎晩一杯のスープを作ること。報酬は破格だった。
    屋敷で、僕はマダムの孫娘である風変わりな美少女・千和に出会う。両親を事故で失くした千和は心を閉ざしていたが、母の遺した料理本を愛読し、古今東西の料理について膨大な知識を持っていた。幼い頃に母と離れ離れになった僕は、千和に自分と似たなにかを感じ、二人は少しずつ心を通わせていく。
    終戦後に食べた想い出のポタージュ・ボンファム、ビールのスープ、画家ロートレックが愛したスープ、偽ウミガメのスープ、せかい1おいしいスープ……。僕と千和は力を合わせて、無理難題のようなリクエストのなかに隠された”謎”を解いていく。
    そしてついに僕は、ずっと探し続けてきた「母と最後に食べた想い出のスープ」の手がかりを見つけるが――。
    哀しみから再生し、明日を向いて歩む力をくれる6皿のスープの物語。



    【編集担当からのおすすめ情報】
    著者は、現役のフレンチの料理人としても活躍中。文庫版特典として、作中に登場するスープのレシピを収録しています。装画は浅野いにお氏、解説は『大人ドロップ』『荒川アンダー ザ ブリッジ』監督の飯塚健氏。

    図書館選書
    元料理人の僕は、古い屋敷で一人暮らしのマダムのために毎晩一杯のスープを作る仕事を受ける。心を閉ざした料理本マニアの少女と、屋敷に封印された”スープの謎”に挑むが…。現役料理人が描く希望と再生の物語。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    樋口 直哉(ヒグチ ナオヤ)
    1981年、東京都生まれ。服部栄養専門学校卒業。料理人・作家。フランス料理の出張料理人として活躍する。2005年、『さよならアメリカ』で第四十八回群像新人文学賞を受賞しデビュー。同作で芥川賞候補となる

スープの国のお姫様(小学館文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:樋口 直哉(著)
発行年月日:2017/03/12
ISBN-10:4094064001
ISBN-13:9784094064001
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:389ページ
縦:15cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 スープの国のお姫様(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!