狼と羊皮紙〈2〉―新説 狼と香辛料(電撃文庫) [文庫]
    • 狼と羊皮紙〈2〉―新説 狼と香辛料(電撃文庫) [文庫]

    • ¥71522ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月23日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002743050

狼と羊皮紙〈2〉―新説 狼と香辛料(電撃文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥715(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月23日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2017/03/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

狼と羊皮紙〈2〉―新説 狼と香辛料(電撃文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    港町アティフでの聖書騒動を乗り越えた、青年コルと賢狼の娘・ミューリ。恋心を告げて開き直ったミューリから、コルは猛烈に求愛される日々を送っていた。そんな中、ハイランド王子から次なる任務の依頼が。今後の教会勢力との戦いでは、ウィンフィール王国と大陸との海峡制圧が重要になってくる。そのため、アティフの北の群島に住む海賊たちを、仲間にすべきかどうか調べてきて欲しいというのだ。新たな冒険に胸を躍らせるミューリだったが、コルは不安の色を隠せない。なぜなら海賊たちには、“黒聖母”信仰という異端の嫌疑がかけられているのだ。海賊の住む神秘の島への旅が始まる!
  • 出版社からのコメント

    賢狼ホロの一人娘ミューリの新たなる旅は、海賊の住む島!?
  • 内容紹介

    港町アティフでの聖書騒動を乗り越えた青年コルと、賢狼の娘・ミューリ。恋心を告げて開き直ったミューリから、コルは猛烈に求愛される日々を送っていた。
    そんな中、ハイランド王子から次なる任務についての相談が。今後の教会勢力との戦いでは、ウィンフィール王国と大陸との海峡制圧が重要になってくる。そのため、アティフの北にある群島に住む海賊たちを、仲間にすべきかどうか調べて欲しいというのだ。
    海賊の海への冒険に胸を躍らせるミューリであったが、コルは不安の色を隠せない。なぜなら海賊たちには、異端信仰の嫌疑がかけられていたのだ。彼らが信じるのは、人々が危機に陥ると助けてくれるという“黒聖母”。不思議な伝説が残る島で、二人は無事任務を遂行することができるのか――。

    図書館選書
    聖職者を目指す青年コルと、賢狼の娘ミューリの次なる任務は、北の群島に住む“海賊”の内偵。冒険に胸躍らせるミューリだが、コルは彼らの異端信仰疑惑に頭を悩ませており――!? 「狼」と羊皮紙の旅、第2巻!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    支倉 凍砂(ハセクラ イスナ)
    第12回電撃小説大賞“銀賞”受賞
  • 著者について

    支倉 凍砂 (ハセクラ イスナ)
    第12回電撃小説大賞《銀賞》を受賞し、電撃文庫『狼と香辛料』にて2006年にデビュー。

    文倉 十 (アヤクラ ジュウ)
    ライトノベルの挿絵ほか、フリーで活躍するイラストレーター。

狼と羊皮紙〈2〉―新説 狼と香辛料(電撃文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:支倉 凍砂(著)
発行年月日:2017/03/10
ISBN-10:404892754X
ISBN-13:9784048927543
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:355ページ
縦:15cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 狼と羊皮紙〈2〉―新説 狼と香辛料(電撃文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!