沖縄を蝕む「補助金中毒」の真実 [新書]
    • 沖縄を蝕む「補助金中毒」の真実 [新書]

    • ¥79924ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年9月25日水曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002743176

沖縄を蝕む「補助金中毒」の真実 [新書]

価格:¥799(税込)
ポイント:24ポイント(3%還元)(¥24相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年9月25日水曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:宝島社
販売開始日:2017/03/10
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 326298位

沖縄を蝕む「補助金中毒」の真実 [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    沖縄には米軍基地に対する「迷惑料」として、これまで約10兆円にのぼる公的資金が投入されている。しかし、未来を担う子どもの進学率や学力水準、県民所得、完全失業率は全国ワースト。また、国による補助金なしでは成立し得ない産業構造が広がっており、沖縄をとりまく状況は依然として変わっていない。「オール沖縄」や「沖縄21世紀ビジョン」「新基地建設反対」といった甘美な言葉で県民を惑わし続ける翁長知事や公務員、建設業者といった利権集団の罪は深い。沖縄を支えている基地経済の実態と利権集団のウソを沖縄に生まれ育った著者が糾弾する。沖縄の構造的な問題を炙り出し、沖縄が進むべき真の自立への道を提言する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 なぜ沖縄から基地がなくならないのか?
    第2章 「普天間基地問題」の裏事情
    第3章 米軍は本当に悪なのか?
    第4章 翁長vs仲井眞に見る沖縄の病
    第5章 沖縄の歴史と県民の現実気質
    第6章 補助金中毒に陥る沖縄経済
    第7章 補助金中毒からの脱出
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山城 幸松(ヤマシロ コウマツ)
    1947年、沖縄県那覇市生まれ。(社)琉球島嶼文化協会代表理事。琉球政府(現沖縄県)立小禄高校卒業、明治大学政治経済学部中退。沖縄の民俗、近代史について研究中

沖縄を蝕む「補助金中毒」の真実 [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:宝島社
著者名:山城 幸松(著)
発行年月日:2017/03/24
ISBN-10:4800267668
ISBN-13:9784800267665
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:社会
ページ数:223ページ
縦:18cm

    宝島社 沖縄を蝕む「補助金中毒」の真実 [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!