日本とフランス 「官僚国家」の戦後史 [全集叢書]
    • 日本とフランス 「官僚国家」の戦後史 [全集叢書]

    • ¥1,32040ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002754319

日本とフランス 「官僚国家」の戦後史 [全集叢書]

価格:¥1,320(税込)
ポイント:40ポイント(3%還元)(¥40相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本放送出版協会
販売開始日: 2017/03/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本とフランス 「官僚国家」の戦後史 [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    フランスと日本は、先進国の中でも、左右のイデオロギー対立が極めて長く続いたという共通性を持つ。また、共に強固な「官僚国家」であり、エリートの主導によって高度経済成長を達成した点も同様である。本書は、戦後から現在までの両国の政治過程をパラレルに追っていく。ナチスへの戦争協力と軍国主義という「負の遺産」の克服、終戦から高度経済成長までの道筋、六〇・七〇年代の「民主化」の時代から八〇年代の「自由化」の時代への転換、イデオロギー対立の終焉とグローバリズムの席巻、そして現在のポピュリズムの高まり…。二つの「官僚国家」の七〇年の軌跡から、民主制の未来を見通す試み。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 戦後への「負の遺産」
    第2章 イデオロギー対立の構造
    第3章 「官僚国家」の高度経済成長
    第4章 「民主化」から「自由化」へ
    第5章 世紀転換期の展開
    第6章 二一世紀の政治構造の変化とポピュリズム
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大嶽 秀夫(オオタケ ヒデオ)
    1943年岐阜県生まれ。京都大学卒業後、東京大学大学院(博士号取得)、シカゴ大学、ハンブルク大学、パリ政治学研究所(シアンス・ポ)に学ぶ。専修大学講師、東北大学教授、京都大学教授を歴任。現在、京都大学名誉教授、東北大学名誉教授

日本とフランス 「官僚国家」の戦後史 [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:NHK出版
著者名:大嶽 秀夫(著)
発行年月日:2017/03/25
ISBN-10:4140912456
ISBN-13:9784140912454
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:政治含む国防軍事
ページ数:219ページ
縦:19cm
他の日本放送出版協会の書籍を探す

    日本放送出版協会 日本とフランス 「官僚国家」の戦後史 [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!