ギリシャ危機と揺らぐ欧州民主主義―緊縮政策がもたらすEUの亀裂 [単行本]
    • ギリシャ危機と揺らぐ欧州民主主義―緊縮政策がもたらすEUの亀裂 [単行本]

    • ¥3,08093ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年6月7日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002757058

ギリシャ危機と揺らぐ欧州民主主義―緊縮政策がもたらすEUの亀裂 [単行本]

価格:¥3,080(税込)
ポイント:93ポイント(3%還元)(¥93相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年6月7日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:明石書店
販売開始日: 2017/03/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

ギリシャ危機と揺らぐ欧州民主主義―緊縮政策がもたらすEUの亀裂 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    英国のEU離脱、ポピュリズムの台頭…すべてはギリシャ危機が予兆していた。反緊縮と反権力の運動が吹き荒れる欧州情勢を予告していたかのようなギリシャの経済・社会・政治危機を精緻に分析し、欧州の統合と民主主義の真のあり方を問う。脆くも崩れつつある「民主主義的な欧州建設」を再び取り戻すための道を探る。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    ギリシャ危機で問われているもの
    第1部 緊縮政策が経済・社会・政治に与えた影響(ギリシャの経済システムの破綻
    ギリシャの社会的保護体制の崩壊
    ギリシャの政治的混乱の進行)
    第2部 新たな金融支援と超緊縮政策(ギリシャの債務危機とツィプラス政権の成立
    ギリシャと債権団の金融支援交渉
    ギリシャにおけるレファレンダムと第三次金融支援)
    欧州建設の課題と展望
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    尾上 修悟(オノエ シュウゴ)
    1949年生まれ。現在、西南学院大学経済学部教授。京都大学博士(経済学)。2000年と2004年にパリ・シアンス・ポリティークにて客員研究員

ギリシャ危機と揺らぐ欧州民主主義―緊縮政策がもたらすEUの亀裂 の商品スペック

商品仕様
出版社名:明石書店
著者名:尾上 修悟(著)
発行年月日:2017/03/10
ISBN-10:4750344834
ISBN-13:9784750344836
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
ページ数:352ページ
縦:20cm
他の明石書店の書籍を探す

    明石書店 ギリシャ危機と揺らぐ欧州民主主義―緊縮政策がもたらすEUの亀裂 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!