改革と革命と反革命のアンダルシア-「アフリカ風の憎しみ」、または大土地所有制下の階級闘争 [単行本]
    • 改革と革命と反革命のアンダルシア-「アフリカ風の憎しみ」、または大土地所有制下の階級闘争 [単行本]

    • ¥9,350281ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002761783

改革と革命と反革命のアンダルシア-「アフリカ風の憎しみ」、または大土地所有制下の階級闘争 [単行本]

価格:¥9,350(税込)
ポイント:281ポイント(3%還元)(¥281相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:皓星社
販売開始日: 2017/02/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

改革と革命と反革命のアンダルシア-「アフリカ風の憎しみ」、または大土地所有制下の階級闘争 の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 砂上の楼閣?―マヌエル・アサーニャとスペイン第2共和制の崩壊
    第2章 アンダルシア―「ヨーロッパで最も不幸な人々」の末裔たちがのたうつ土地
    第3章 リベルテールたちのアンダルシア―「マノ・ネグラ」騒動から「ボリシェヴィキの3年間」まで
    第4章 「純粋」アナキズムの系譜―サルボチェア、サンチェス・ロサ、そして「コルドニエフ」
    第5章 「帝政ロシアよりも劣悪」?―アンダルシアのカシキスモ、共和派とリベルテール
    第6章 カストロ・デル・リオとブハランセ―FAI派と第2共和制期コルドバ県の階級闘争
    第7章 第2共和制農地改革の限界―ディアス・デル・モラールと「アンダルシアの農業問題」
    第8章 社会カトリシズムの敗北―サルバドール・ムニョス・ペレスとアンダルシアの反革命
    第9章 ヘレスからバーサへ―アンダルシアのFAI派と「アンチ・サルボチェア」たち
    むすびにかえて
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    渡辺 雅哉(ワタナベ マサヤ)
    1960年生まれ。文学博士(早稲田大学)。共著に、Manuelle Peloille(ed),De la struture `a la《fine pointe》.Hommage au Professeur Jacques Maurice,2016

改革と革命と反革命のアンダルシア-「アフリカ風の憎しみ」、または大土地所有制下の階級闘争 の商品スペック

商品仕様
出版社名:皓星社
著者名:渡辺 雅哉(著)
発行年月日:2017/02/28
ISBN-10:4774406279
ISBN-13:9784774406275
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:外国歴史
ページ数:763ページ
縦:22cm
他の皓星社の書籍を探す

    皓星社 改革と革命と反革命のアンダルシア-「アフリカ風の憎しみ」、または大土地所有制下の階級闘争 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!